| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

デフラグビーチャリティマッチ



   サイト引越ししました。
   下記URLよりお入りください。

   http://www.deafathletejapan.com/






























スポンサーサイト

| Deaf Sport | 15時09分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第36回全日本ろう社会人軟式野球選手権大会

2011年9月30日~10月2日の3日間、
神奈川県相模原市「サーティフォー相模原球場」を中心とした相模原市内の各球場を舞台に全日本ろう社会人軟式野球連盟主催で「第36回全日本ろう社会人軟式野球選手権大会」が開催された。
全日本ろう社会人軟式野球連盟は、全国各地(埼玉支部、東京支部、神奈川支部、愛知支部、大阪支部、九州支部)の6支部で構成されており、約40チームが出場している。
選手権大会は毎年各支部持ち回りで開催され、今年は神奈川支部主管で36回目の開催となる。
晴天の下、全国各支部の地区予選を勝ち抜いた代表の20チームが一堂に会し、全国制覇を目指すべく各地で熱戦が繰り広げられた。















画像提供: 東京ライオンズ


画像提供: 東京ライオンズ












決勝戦には前々年度の覇者「東京アスレチックス」&前年度の覇者「湘南ヤンキース」が上り詰めた。両チーム共に、これまで優勝6度の実績を誇る強豪チーム同士の対決である。
決勝戦は手に汗を握る凄絶な接戦の末、湘南ヤンキースが劇的な逆転サヨナラで勝利を奪取し、2年連続7度目の優勝という栄冠を手にして今大会は幕を閉じた。

2012年度の選手権大会は大阪府内で開催される予定。











優勝 湘南ヤンキース チーム 真柴勝幸 監督談
「決勝戦は接戦に次ぐ接戦で大変苦しい試合でした。延長戦で2点差を付けられた時は大変厳しい状況と思いながらも選手みんなを信じていた。その結果、劇的な逆転サヨナラで2年連続優勝を勝ち取れた事は大変喜ばしく、本当に選手を誇りに思いたい。来年も優勝を目指して練習に励んでいきたい。応援ありがとうございます!」


優 勝 湘南ヤンキース(2年連続7度目)
準優勝 東京アスレチックス

最優秀選手賞 藤田 峰雄(湘南ヤンキース)
最優秀投手賞 勝又 悠樹(湘南ヤンキース)
敢闘賞 池田 和明(東京アスレチックス)




全神奈川ろう社会人軟式野球連盟(各試合結果詳細掲載)
http://kdbl.web.fc2.com/

| Deaf Sport | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第3回世界選手権inイタリア パレルモ大会

第3回世界デフバスケットボール選手権大会がイタリアのパレルモにて9月16日から24日にかけて開催された。この大会はデフリンピックと同様、4年に一度開催されており、デフリンピックからちょうど2年後に開催されることが多い。
今回の参加国は男子が14ヶ国、女子が8ヶ国となった。開催地がイタリアだったということもあってか、ほとんどがヨーロッパからであり、アジアからは2ヶ国のみであった。
大会では選手や大会実行委員会スタッフが主に国際手話でコミュニケーションを図っていた。

9月16日に開会式が催され、この日から早速試合が始まった。
日本代表選手団は今回、男子が9名、女子が7名と少人数体制で試合に臨んでいた。予選リーグでは男子が4グループ、女子が2グループに分かれての試合になった。
国際大会は初めてという選手が多く、試合の流れや審判の取り方のタイミングなど、日本と違うバスケットボールに戸惑う選手がみられた。
特に男女ともゴール下で、体格が一回りも違う相手に必死でディフェンスをした結果、ファールを重ねてしまい、退場に追いやられた選手もいた。ただ、日本のほうがバスケットボールをよく知っていて、技術的には勝る部分もみられたので、体格の差をクリアして勝てる相手に勝つことが今後の最優先課題になるであろう。

結果的に男女とも、最下位となってしまったが、内容的に素晴らしい試合もいくつかあり、あとはチームや個々の課題をクリアして、次の大会に結びつけていただきたい。

9月24日男女決勝が行なわれ、男子はリトアニアが、女子はスウェーデンが世界チャンピオンに輝いた。そのまま閉会式が催され、2週間にわたる長い戦いが終わった。


日本代表男子ヘッドコーチ、坂本知加良氏は、こうコメントしている。
今回の大会を終えて日本の各選手はよくがんばったと思います。しかしながら、体格やパワーなど世界との差を改めて感じる結果となりました。
日本は14位と最下位という非常に苦しい結果となりましたが、次のアジア大会に向けて、釘をさされたという思いをもってさらにハードな練習を合宿で行うことが必要だと固く決意しました!

また、選手、スタッフ、日本代表に関わる全ての方に深く感謝申し上げたい。ありがとうございました。


世界選手権パレルモ大会日本代表 公式サイト
http://jdba.sakura.ne.jp/palermo/index.html

日本デフバスケットボール協会 公式サイト
http://jdba.sakura.ne.jp/

世界選手権パレルモ大会 公式サイト
http://www.palermo2011.org/



女子日本代表メンバー


男子最後の試合のあと、カナダ代表と挨拶する代表選手たち


世界で数名しかいないろう者の公認審判(右側)


試合前に選手たちに喝をいれる篠原監督


ゴール下では熾烈な争いが展開された


今大会王者スウェーデンを相手にトスアップ


チームの司令塔、梅本選手の鋭いドライブ


ダブルチームでディフェンスする緒方選手と林選手


日本と違って手足の長い相手のディフェンスになかなかパスが通らず苦戦


カナダ戦にて。体格の違いについて痛感させられた


スウェーデン5番は世界最強のインサイドプレイヤー


どれだけ高く跳んでもブロックされた


中山選手は、ほぼ全試合出場


今大会王者リトアニア


試合前に監督から今日の試合について指示をする


男子日本代表メンバー


ゴールへ果敢に攻める榎並選手


ゴールがとても遠く感じるように見えた


低身長ながらに積極的にゴール下へ切り込んで攻める永澤選手


永澤選手はこの試合で16得点を決めた


ゴール下でひたすら跳び続ける緒方選手


試合前に円陣をくんで気合を入れているところ


イタリア相手にやっと一勝!


ロシアは長身揃いで、特にゴール下では苦戦していました


スロベニア戦にて、ゴールをブロックする峯藤選手


今後はゴール下でのシュート決定率が最優先課題となるだろう


長身揃いのロシア相手にインサイドで苦戦する緒方選手


円陣を組むことでみんなの気持ちをたしかめます




| Deaf Sport | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チャリティデフフットサル

震災被災地のろう学校へPowerを届けよう!

8月21日に東急スポーツシステム株式会社主催のチャリティフットサル大会が行われた。
このイベントは東日本ろう者サッカー協会と共同で、約100名が参加された。

“子どもから大人までろう者と健聴者が一緒になって楽しむ” をモットーとし、ろう者・健聴者の混合チームでのリーグ戦。そして、エキシビションマッチとして、東急スポーツシステム所属のフットサル女子日本代表監督 在原正明氏が率いるスペシャルチームと、耳栓をつけて声を出すことを禁止した「特別ルール」で試合を行った。









「あいにくの雨でしたが、多くの方が集まって頂き、本当に感謝と喜びを感じております。ありがとうございます。
皆さんの活き活きとしたプレー姿を見てPowerをもらいました。このPowerを被災地のろう学校の皆さんに届けていきます。
ボールひとつで聴こえない人と聴こえる人との壁をなくし、楽しむ事に共存できたのではないかと思っています。
子どもたちの元気な顔を見たときは、本当に今回のイベントを企画して良かったなと改めて感じました。もっともっとたくさんの方が集まってもらえるよう大きなイベントにしていきたいと思いますので、今後とも宜しくお願い致します。」
と主催者の植松氏はコメントしている。


大会企画者 植松氏



アディダスジャパン株式会社 濱井ゆり氏(左から2人目)
手話通訳者(左側)



東京スポーツ・レクリエーション専門学校 トレーナーの皆さん


オープニングセレモニー
“手話パフォーマンスきいろぐみ”による手話ソング





参加者によるリーグ戦7分1本試合
ゴールが決まる度に拍手と歓声が湧いた。









小雨の降る中始まった日本代表チーム(※)とスペシャルチームのスペシャルマッチ
間近で観戦できるとあって、ギャラリーも白熱した試合に釘付けだった。










(※)第3回世界ろう者フットサル選手権大会の日本代表チームの選手


スペシャルチーム
左から、
相原豊 氏(タイでプロ経験者)
在原正明 氏(女子フットサル日本代表監督)
小森隆弘 氏(男子フットサル日本代表コーチ兼通訳)
北智之 氏(関東1部リーグ ファイルフォックス)
高橋利之 氏(デフフットサル日本代表ゴレイロ)

小森氏のコメント
今回のイベントでまた新しく、音が聞こえない状態でプレーする経験や、ろう者の皆さんと出会い交流する貴重な機会を得て非常に楽しませていただきました。
ろう者の皆さんの素晴らしいプレーに触れたこと、またこのように“違う”皆さんをひとつに結び、楽しませる場を作るフットサルのチカラに改めて感動した一日でした。

第二回も企画しようという話をしていますが、次は自分も手話を勉強して、直接皆さんとお話しできるようにします!

大会を終えて
スポーツにも「ルール」と言う決まりがある。
ろう者は目で合図を送る「ルール」ある。
当たり前のルールも今回のイベントでろう者と健聴者との交流によってお互いのルールを垣間見る事が出来たのではないだろうか。
子供達の参加も多く見えた。子供達が楽しそうに試合をしている姿を見て今後、この様な場が増えればと思った。私達も活力を貰いました。



デフフットサル日本代表について:植松氏より


男女ともに11月開催される第3回世界ろう者フットサル選手権に向けて、今回のチャリティイベント会場では寄付活動を行い、35,120円集まりました!短い時間で、たくさんの方に募金して頂き、大変感謝いたします。こちらは、日本ろう者サッカー協会のフットサル部門へお渡しします。
引き続き、デフフットサル日本代表を応援宜しくお願い致します!!

日本ろう者サッカー協会フットサルプロジェクト
http://deaf-futsal12.doorblog.jp/

東日本ろう者サッカー協会ブログ
http://ameblo.jp/ejdfa

デフフットサルフットレポート
http://www.re-po.jp/deaf/





| Deaf Sport | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

001大塚選手デビュー戦

念願のデビュー戦果たす!

大塚正人選手

5月にウィラサクレックフェアテックス西川口ジムで第41回Mー1アマチュアのキックボクシング大会が行われた。
当日は001大塚正人選手のデビュー戦を果たすも、痛恨の判定ドロー(引き分け)で白星を飾れずに終わった。

大塚選手はデビュー戦に向け、ベストコンディションでリングに上がり、ゴング開始早々、パンチ炸裂の好スタートをきったもの、 火の噴くような大打撃戦となり会場のギャラリー総立ち歓声が飛び立つほどの興奮させた大塚選手。

しかし、対戦者の打たれ強さもあって試合の流れが変わり、後半は大塚選手の持ち身のミドルキック展開していけず、悔いの残る試合内容となった。
納得のいかない表情を乞わばさせながら「デビュー戦」という1つの目標を意識してやってきたので1つクリアーという達成感を成し遂げて喜びを噛み締めた大塚選手。

大塚選手は「次回こそは勝利を!」と意気込んでるのだが、「スタミナと集中力」を課題として再チャレンジしていく。
「タフな相手となりましたがそれも彼の実力に寄るところあり!」という大塚選手。


masa-02.jpg


masa-05.jpg




DAJ: デビュー戦おめでとうございます。悔いの残るデビュー戦だったと思いますが今の率素な心境はいかがでしょうか。

大塚選手: 緊張はしなかったが、自分らしい戦いが出来なかったので実力不足でした。パンチ主体で攻めてしまい、練習の成果の30%しか出なかった。課題を挙げるとしたら、スタミナとメンタル面ですね。        

DAJ: アマチュア大会ではヘッドギア、プロテクター装着義務での試合となってるようですがダメージとかはどうでしょうか。

大塚選手: ダメージは全然なかった。今思えば、こんなに痛くないなら、もうちょっとアグレッシブに攻めれば良かった。

DAJ: 今回のデビュー戦で得たものを次回に繋げていくには何かありますのでしょうか。

大塚選手: アマチュアはプロと違い、防具をフル装備しているので相手をいかにダメージを与えるかというより、どうポイントを取るかが重要だと今回の試合で分かった。
試合のイメージが出来たので、練習で確実にポイントが取れるようなコンビネーションを組み立てていきたい。3Rでも攻撃のペースが落ちないようなスタミナ作りに取り組みたい。


DAJ: ムエタイというハードなスポーツを続けていくために欠かせないこと、トレーニング、食事管理とかありますのでしょうか。

大塚選手: トレーニングはアフターマッスルだけではなく、インナーマッスルも鍛えるよう、心掛けています。
食事に関してはもちろん、カロリー制限。他に激しい運動でアミノ酸が失われるのでたんぱく質の補給が必要です。
     

DAJ: ムエタイをやって周りの変化とか大塚選手のライフスタイルは如何でしょうか。

大塚選手: 周りの変化はあまりないような。自分が気付いてないだけかも。(笑)ライフスタイルでの大きな変化はアルコール類をあまり飲まなくなったことかな。

DAJ: 大塚選手にとってムエタイとは何でしょうか。

大塚選手: 心技体を磨くのに、もってこいのスポーツですね。

DAJ: 最後に後世に伝えたいことは何でしょうか。

大塚選手: どのスポーツでもそうですが、失敗しても立ち上がる「雑草魂」が大事だと思います。
私には出来るかな?と不安を感じている方、「やる気」があれば、絶対に上達するので思い切って、やってみよう!お互いに頑張りましょう。


masa-06.jpg

masa-04.jpg

masa-09.jpg

masa-01.jpg

masa-11.jpg

masa-07.jpg

masa-12.jpg







| Deaf Sport | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第8回日本聴覚障害者陸上競技選手権大会

2011年5月28日(土)大井ふ頭中央海浜公園陸上競技場にて、第8回日本聴覚障害者陸上競技選手権大会が開催された。
日本聴覚障害者陸上競技協会は聴覚障害者の陸上競技の競技力向上を図ると共に国内の聴覚障害者陸上競技の意欲を高め国際大会等で好成績を収めることを目的としている。
今回の大会は、来年7月に開催される予定の第2回世界ろう者陸上競技選手権大会(2012年トロント)に向けての日本代表選手最終選考会になった。
過去一年間に参加した大会の有効記録と今回の大会の成績を合わせることでデフリンピック日本代表の内定が決定する仕組みになっている。
前回の台北デフリンピックで日本はメダル5個、入賞9と多数の成績を残しているが、ろう陸上競技は毎年他国で世界新記録が続出している。
他国の記録に負けないためにも、日本聴覚障害者陸上競技協会強化部長の森本真敏部長は「毎年日本新記録を生み出せるように育成していきたい。ともに日本代表を目指そう!」と、コメントされている。

日本聴覚障害陸上競技協会HP
http://www.ntrk.sakura.ne.jp/

第2回世界ろう者陸上競技選手権大会(2012年トロント)日本代表選手内定リスト
http://www.ntrk.sakura.ne.jp/pdf/2012canadajentry.pdf






















| Deaf Sport | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第33回全国ろうあ卓球選手権大会

「第33回全国ろうあ卓球大会」

2011年3月5日、6日の2日間千葉のポートアリーナにて第33回全国ろうあ卓球大会が開催されました。
全国ろうあ卓球大会は全国各地を巡りながら毎年に1回開催されているが、最近数年間千葉県で開催している。
この大会はその年度全国ろうあ者体育大会におけるベスト16以上の選手及び日本ろうあ者卓球協会からの推薦選手が集まって個人戦ランキングを位置づけするという主旨がある。
各選手の年間ランキングにより、世界大会、デフリンピック大会等の国際大会の日本代表選手派遣の選考会基準という重要背景となっている。
今年の第33回全国ろうあ卓球大会は来年4月末に日本開催地となる世界ろう卓球大会の日本代表選手の最終選考会となった模様。
日本でのデフスポーツの国際大会開催は卓球が初めての開催地となるので「日本の威信」に賭ける想いも強くなっていけることでしょう。
実行委員長の旅川委員長は「新たな日本卓球王国をめざして頑張ってほしい」とコメントしている。

日本ろうあ卓球協会HP
http://www.jdtta.com/

第33回全国ろうあ者卓球選手権大会の結果
http://www.jdtta.com/kokunai/ranking/index.html






















| Deaf Sport | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

女子ランキング大会






















2011年度ランキング1位佐藤理穂選手 2位小浜京子選手 3位塩野絵美選手




| Deaf Sport | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

男子ランキング大会






























2011年度ランキング1位梅村正樹選手 2位青山修選手 3位有馬歓生選手







| Deaf Sport | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第10回 EJDFAデフリーグ大会

2010年2月19、20日の2日間、静岡の御殿場市時之栖スポーツセンターにて東日本ろう者サッカー協会主催の第10回EJDFAデフリーグ大会が行われました。
デフリーグ大会は年に1回開催される唯一のエンジョイ志向のイベントである。
デフリーグ大会開催の目的は 1サッカーを楽しむ 2参加者の健康推進 3デフサッカーの普及活動一環。
デフだけの参加に拘らず健聴者、子供達にも参加させていただき、親睦を図りながら男子5チーム女子2チーム 合計約100名参加と賑わいサッカー大会となった。
今年は通年以上に参加人数が多く、男子チームは真剣勝負が詰まったシーンが多く、女子はサッカーが好きなチームとフットサルが好きで集まったチームでビッグゲームも行われ、大いに盛り上げた模様。
デフリーグ実行委員長の植松隼人氏は「第10回にふさわしい大会となるよう、盛大な大会となれたのも京浜ロータリークラブ様をはじめ、多くの関係者には大変感謝しています。来年はどのような大会にしていこうか今からでも楽しみであります。」とコメントしている。
来年度も今年以上にデフリーグ大会が盛り上がっていくことでしょう。

















| Deaf Sport | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。