| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

バスフィッシング

ーバスフィッシングとはー
バスフィッシングは、ブラックバスを対象とした釣りのこと。ブラックバスというのは、大正末期にアメリカから入ってきた外来魚である。肉食で非常に生命力が強いため、今では全国各地で繁殖している。
バスフィッシングの場合はルアーを使う。ルアーとは疑似餌のことだ。いわゆるルアーフィッシングである。ブラックバスは、動くものならなんでも食べる習性があるので、ルアーが使われる。使われるルアーも数多くあり、ホンモノの魚そっくりに作られている。
バスフィッシングがなぜ人気があるのかと言うと――ブラックバスは小さな体のわりに引きが強いというので、釣りをする人にとっては面白いようだ。また、ブラックバスは非常に賢い魚で、音を聞いたり、匂いをかぎ分けたり、色を見分けたりもできるという。賢いブラックバスとの微妙な駆け引きが、バスフィッシングの人気の理由となっている。
バスフィッシングの愛好家は、「バサー (basser)」や、「バス・アングラー(bass angler)」などと呼ばれる。
ちなみに日本では概ね50cm以上の個体を「ランカーサイズ」と呼び、数多のバサーを魅了する「デカバス」の基準となっている。
















チーム: 黒鱒デフ軍団(くろますでふぐんだん)

黒鱒デフ軍団は 2004年に発足し、滋賀県に点在する日本一の湖である琵琶湖を拠点に活動している。
スポ-ツフィッシングの一環でもあるバスフィッシングをこよなく愛するデフ達が集結し、産声を上げた団体がこの“黒鱒デフ軍団”である。

年に4~5回の大会を開催し広大な琵琶湖の湖面をバスボートで疾風しながら一戦一戦と競い合い年間チャンピオンを輩出している。

「バスフィッシングは誰でも楽しめるエキサイティングフィッシング「ルアー(疑似餌)そのものにスポーツ性(的確にキャストする、リールの巻きスピードなどルアーの操作性)・ゲーム性(ブラックバスは食欲ではなく、反射的に口を使ってしまうことがあるのでルアーの動かし方云々によって違う楽しみがあって面白い。)などを存分に楽しむという、いわばバスと自分との頭脳戦です。その上、ヒットしたバスの強力な引きがアングラー(釣り人)の闘争心をかきたてます。」と代表がコメントしている。

「エサ釣りとルアー釣りは似ているように思われがちですが、実際には違うと思います。
たとえば、エサ釣りの場合、魚が釣れた時は「釣れた!」という表現するのが一般的だと思います。
しかし、バスフィッシングでは「釣った!」という表現が合います。「狙って釣った」時の嬉しさが一番の醍醐味です。
この「狙って釣る」というのは、自分が選んだルアー・セレクトで自らのアクションにより釣った時の事を指すと彼らはいう。
「子供も、もちろん女性でも楽しめる大衆的なスポーツです。一度、未体験ゾーンを切り開いてみませんか? 」と黒鱒軍団の皆は周りに呼びかけている。


黒鱒デフ軍団チームブログ  
     http://blog.livedoor.jp/deafbass/

黒鱒デフ軍団大会HP(~’10年まで)
     http://takeboo415.web.infoseek.co.jp/kuromasu-deaf-index.htm

黒鱒デフ軍団大会レポート(’11年~)
     http://profile.ameba.jp/deafblackbass/


黒鱒デフ第2戦




黒鱒デフ第2戦、表彰式


黒鱒デフ第2戦の集合写真







ガイドサービス前田


日本一の湖である琵琶湖には、100以上のフルタイムプロガイドがいる。
「ガイドサービスMAEDA」ことガイドサービス前田純さんもその一人だ。

「お客さんが聴覚障害である事をしっかり認識しながら、ビッグバスを“釣る”為の色んなノウハウというものを伝えてくれます。対応がとても丁寧で、筆談・ジェスチャーなどで伝えながら確実に釣らせてくれる頼もしい存在です。」
バスフィッシングの奥の深さ、楽しさ一杯一杯を上手に伝えてくれるのも前田さん。
釣りメーカーブランド「deps」のオフィシャルスポンサーでもあるので、depsが流しているWeb動画も字幕がついているんです」と黒鱒軍団はコメントしている。

聴覚障害に対してガイドサービス前田純さんはこうコメントをされている。
「ろう者も健聴者も関係なく皆お友達です。コミュニケーション面では口の動きでほとんどわかってくれるし、携帯のメールやブギーボードもあるので困る点はないですよ♪」

ガイドサービス前田純さんはデフバサー(聴覚障害)に対して一番の理解者といってもいいだろう。

ガイドサービス前田 http://gsm.sakura.ne.jp/

CBHC大会閉会式




CBHC大会集合写真







黒鱒デフ軍団所属・代表: 露木洋史(つゆき ひろし)


社会人後、地元の手話サークルで講師をやっていた時に教え子からバスフィッシングをしませんかと誘われたのがきっかけ。

「バスフィッシングの魅力は引きの強さ。ブラックバスとの格闘は楽しいですと話している。それに、いろんなタイプのルアーを使えるのがバスフィッシングの魅力の一つだ。」と語ってくれた。

優勝は黒鱒デフ軍団の大会だけではなく、健常者の大会、オリーブCUP大会でも経験あり。
ブラックバスは外来魚対象であり、残念ながら外来魚駆除を行っている所も多いですが、ブラックバスも人間と同様生き物ですので、ブラックバスも人間も共存しながら、釣りを楽しんで行きたいと話している。



ブラックバスを掛けてからライン(糸)が切れないように慎重なやりとり(ファイト)での約30分間の苦戦で釣れた感動が一生忘れられないそう。




’08年開幕戦 自己ベスト 60cm
画像提供: つゆきひろし


’08年開幕戦でフンガー
画像提供: つゆきひろし


キャリア
  デフ大会2004年~2010年
    黒鱒デフ軍団トーナメント大会優勝 8回【歴代1位】/準優勝 3回/3位 6回
    黒鱒デフ軍団トーナメント年間総合優勝 2回(’07年、’10年)【歴代タイ】
    黒鱒デフ軍団トーナメント最高ウェイトレコード(5本8830g ’08年開幕戦)
    Bigレコード(4280g、60cm ’08年開幕戦)
    黒蘭火サーキット・イン・河口湖大会優勝(’08年)、3位(’09年)

  健常者大会
    オリーブカップ優勝(’05年秋)
    CBHC南湖大会4位(’07年夏)






黒鱒デフ軍団所属: 藤井幹生(ふじい みきお)


初代代表であり黒鱒デフ軍団隆盛の要でもある。
小学4年の時、同級生にバスフィッシングをやらないかと誘われ、始めたのがきっかけ。
デカバス(でかいブラックバスの省略)が大好きな藤井選手は「ブラックバスの引きが半端なく凄いパワー。グググーッとロッド(竿)が大きな半径の弧を描くように曲がる。これぞ、バスフィッシングの醍醐味だ。」と語ってくれた。





「バスフィッシングと小型船舶免許は難しくありません。興味のある方がいれば、ぜひ琵琶湖へお越し下さい。」
若者に限らず年齢を問わず歓迎しますので、楽しさを教えますと皆に呼び掛けている。


自己ベスト 65.5cm 4200g
画像提供: ふじいみきお
健常者の大会、CBHC大会で優勝した事もあるほどの凄腕である藤井!!


57cm 4560g
画像提供: ふじいみきお


キャリア
  デフ大会
    2006年度黒鱒デフ軍団トーナメント戦/第2戦優勝
    2008年度黒鱒デフ軍団トーナメント戦/第2戦優勝
    2010年度黒鱒デフ軍団トーナメント戦/第2戦優勝
    2010年度黒鱒デフ軍団トーナメント戦/第3戦優勝
  
  健常者大会
    2005年度オリーブカップ(夏)優勝・(秋)3位
    2008年度CBHC南湖大会優勝




スポンサーサイト

| Deaf Leisure | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

バスフィッシング

チーム: 黒蘭火(くろらんか)

黒蘭火は2005年に発足し、釣り技術とマナーの向上を目的として関東のあらゆるメジャーフィールド(河口湖、亀山ダム、高滝ダムなど)を拠点とし、年4~5回のミニトーナメントの開催をしている。
ブラックバスの重さで競い合い、総合ポイントで年間チャンピオンを輩出している。

「ブラックバス釣りはスポーツとしてのフィッシングとして、ブラックバスとの駆け引きを楽しんでいます。
格闘の末にて手にした1匹のブラックバスは、新たな感動をもたらしてくれます。ブラックバス釣りは皆さんが思うよりもアクティブなスポーツです。」と代表はコメントしている。

「ブラックバスはいまや全国どこにでも生息する魚となっていて、季節や湖、川、池、ダムの状況によって個体が異なります。その箇所箇所でのブラックバスの特徴を理解し、攻略することは知の駆け引きでもあります。同じポイントで釣りをすることはないというのが、ブラックバス釣りがアクティブなスポーツと言えるひとつの理由でしょう」

「黒蘭火は老若男女初心者ベテラン問わず、誰でも楽しめるバスフィッシングチームを目指しておりますので、お気軽に参加して下さい。」と黒蘭火チームは周りに呼びかけている。

黒蘭火の漢字の由来については、以下のとおりです。
黒(くろ)→黒鱒(ブラックバスのもう1つの呼び名)
蘭(らん)→関東の関にちなんで蘭
火(か)→熱く炎のように燃える気持ちで
そして、読み仮名ではブラックの「クロ」と誰もがあこがれる「ランカー」を合わせて名付けられています。

黒蘭火チームブログ http://blog.livedoor.jp/chibass/

黒蘭火第1戦






「黒蘭火」集合写真







黒蘭火所属: 関根広伸(せきね ひろのぶ)


小学3年の時、昔から釣りをしていた父の影響ではじめたのがきっかけ。
小学時代から地元にある河口湖に通いつめて、百戦錬磨になった関根はブラックバスの月刊誌編集長から注目されることもあった。この他に、プロ、アマ2300人が参戦した大会で5位入賞などの様々な輝く成績を収め、プロから高評価を受ける事もあった関根。

バスフィッシングの魅力は、魚だけではなく自然も相手にするので、日々移り変わる状況変化にアジャストする事が出来るか。こういった自然との戦いがまた楽しい。と語ってくれた。

又、バスフィッシングをする事で無限大の自然を触れ合う事が出来、人とのつながりも広がるので凄く勉強になり、他に探求力、集中力、応用力を磨けるスポーツだと話した。

ここではバスフィッシングの素晴らしさが書ききれないほど沢山あります。バスフィッシングに興味ある人や1度は経験してみたい方はぜひ、私や黒蘭火に声かけて下さい。私、メンバー達が親切に教えますので一緒にバスワールドへ飛び込んで楽しみましょうと呼び掛けている。

陸っぱりの時は、水辺、草むらの中にいる事で昆虫、植物の観察も出来るし、教科書より得る知識はもっと大きいです。



現在、聴覚障碍者に対して牽引免許が取れない制度になっています。普通免許で牽引出来る重量(750kg以下)が決まっているのでそれ以上大きいバスボートを牽引し乗り回すのは出来ないです。それが一番残念です。
いつか、大きなバスボートを牽引し全国の湖、川、ダムに浮かべたい夢があります。



バスは大きくなるほど学習能力が高くなる傾向があるので、どう疑似餌(ルアー)で騙すか?どう攻めたら食うか?自分の頭の中で作戦を組み立てて攻略する釣りなのでハマります。坊主(1匹も釣れない事)も当たり前。
天候、水温、知恵、運、腕で釣果が左右されるので本当に答えのない釣りだと思っています。だから長く続けられるのです。少しでも答えに近づけるように技術、知識などを磨いておかないといけません。



自己ベスト 58.5cm
画像提供: せきねひろのぶ


画像提供: せきねひろのぶ


キャリア
  NBC(日本バスクラブ)
    山梨チャプターボート部門 上位入賞5回目
    NBC陸っぱり部門 上位入賞2回目
    NBC以外の一般釣り大会 上位入賞経験多数有り
  黒蘭火(関東デフバサーチーム)
    2006年 年間チャンピオン
    2008年 年間チャンピオン
    2009年 年間チャンピオン






黒蘭火、JLBA所属: 村下明子(むらした あきこ)


以前に釣り好きの父からの影響でへら釣りしていたこともあったが、旦那に出逢ってバスフィッシングを誘われて始めたのがきっかけ。

富士五湖の1つである精進湖でバスフィッシングを始めて、ブラックバスとの駆け引きの魅力にはまってしまい今に至る。今年で14年目になる。4年前に健常者のJLBA大会に初めて出場し、戦いの面白みを味わう。それから出場するようになった。

そして、2010年に念願のろう者初優勝を飾った!!それほど凄腕の村下!!
日本人女性初の宇宙飛行士、向井千秋の実弟であるバス釣りのエキスパート、ヒロ内藤と一緒にアメリカで、バス釣りをしたのが一番の思い出と語った。

女性の皆さん、WBSのJLBA(健聴者チーム)レディースバスフィッシングに出場してみませんか?楽しいですよ。プライベートでも女性なら一緒に行きましょうと呼び掛けている。



バスとの駆け引きがバスの醍醐味だという。



「耳が不自由でも出来ることは出来ますので諦めないでどんどん前に進んで行きましょう。みんな、同じ人間です。」



JLBA大会 2010年 第3戦優勝
画像提供: むらしたあきこ


JLBA大会 2010年 第1戦2位
画像提供: むらしたあきこ


キャリア
  WBS JLBA大会 2008年 第4戦2位
  WBS JLBA大会 2010年 第1戦2位
  WBS JLBA大会 2010年 第2戦2位
  WBS JLBA大会 2010年 第3戦優勝



| Deaf Leisure | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

WWSプロレス伊勢崎大会

5月15日にWWS(ワールドウイングスピリット)主催のプロレス試合が群馬伊勢崎市で大震災チャリティマッチとして行われた。
「WWS」団体はミスターポーゴ率いるプロレス団体であり、大仁田厚、グラン浜田、ジャガー横田、ダンプ松本らの有名レスラーもエントリされた。
そのイベントに「HERO」団体も参戦し、2名のデフプロレスラーがリングに上がった。

2名のデフプロレスラーはヤミキと友龍。



JDES佐藤剛由理事長

HERO団体はデフを中心にしたプロレス団体である。

当初はJDES(NPO法人 日本聴覚障害者エンターテイメントサポート)としてデフのスポーツイベント等をサポートすることを目的とし て設立された。

そのJDESの発起人は佐藤剛由理事長。

佐藤理事長はCODAコーダ(聴覚障害の親を持つ健常者)でありヤミキの実息子である。

「何か我々、健常者がデフ達に何かしてやれることはないか?」といろんなあらゆる方面でサポート活動し続けてきて辿り着いたのがデフのためのプロレス団体であった。

2010年にデフプロレス団体として「HERO」を旗揚げし、WWS団体をはじめいくつかの団体と一緒にイベントを立ち上げて活動している。

「HERO」はプロレスを通して手話を広め、健常者達と交流イベントを企画したり、デフのプロレスラーの育成のサポート等範囲広げて手話というコミユニケーション手段を用いて普及活動している。

健常者との架け橋として積極的にWWSプロレス団体をはじめいくつかの団体とプロレス企画を推進している。
実父親であるヤミキはハンディがあるにもかかわらず有名プロレスラー達といくつかのマッチ試合をこなしてきているが「怪我」というリスクを不安に背負っている一方、ヤミキの充実した生き様を見守り続けている。
「ヤミキが逞しく楽しそうにリングに上がっている表情を見てHEROを旗揚げして本当によかったです。そしてもっとデフ達にもスカウトし続け、デフ達にも健常と同じリンクに立たせたい!」とコメントしている。

佐藤剛由理事長は今後も夢実現アクションをし続けていく。

HERO公式サイト http://www.deaf-hero.com/top.html




HERO団体スタッフの手話通訳者がデフ達観戦席へ通訳対応に。


ヤミキ
プロレス歴は昭和47年新日本プロ入門
新日本プロレスの創立期(1972年)に練習生だったヤミキが怪我に悩まされプロレスを断念。
あれから38年の時が流れ、久しぶりにリングの上へ立つ。
プロレスを始めたきっかけは12才時に力道山の憧れが始まり。


<第4試合6人タッグマッチ30分1本勝負>
○グラン浜田・ヤミキ・鎌田大輔 11分2秒エビ固め 島田宏・●ケン・片谷 KENJI




























友龍
プロレスファン歴30年から5年前に本格的に始める。
プロレスやってから「度胸」が据わるようになったという友龍。


<セミ・ミックスド・スペシャルマッチ45分1本勝負>

○ダンプ松本 3分42秒 体固め ●友龍
















<第5試合女子プロタッグマッチ60分1本勝負>
○ジャガー横田・LEON 13分23秒 エビ固め KAZUKI・●阿部幸江










<メインイベントストリートファイト・トルネード6人タッグデスマッチ時間無制限1本勝負>

○Mrポーゴ・金村キンタロー・高瀬直也・黒犬 

8分41秒TKO 絞首刑吊り 

大仁田厚 ・黒田哲広・茂木正淑・●戸井マサル











次回HEROイベント告知
hero.jpghero2.jpg

みんなが力を合わせれば大きな力になる
東北の仲間達の力になろう!

聾被災者救援チャリティプロレス
HERO~deaf japan pro-wrestling~

日時:2011年8月13日(土)

開場:11時30分
開始:12時00分
場所:シアター1010(北千住駅西口すぐ)
チケット:全席自由席2000円(当日券500円増)

出場予定選手:ヤミキ・友龍・百太聾・松永光弘・雫あき 他
※ケガや都合により変更する事があります

オープニングダンサー:T-rumble


チケットの収益金の全てを東北大震災で避難所生活をしている聾者の物資にあてさせて頂きます。


……………………………
主催:NPO法人 日本聴覚障害者エンターテイメントサポート
HEROプロジェクトチーム
〓http://www.deaf-hero.com

特別協賛:Masatoshi Hara
協賛:ダブル・ピー株式会社
協力:R-CREATE・お寺プロレス・Mrデンジャー
後援:wawawa
……………………………


| Deaf Leisure | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。