2010年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

謹賀新年

謹賀新年2011


【DAJロゴマークデザイン意匠】
Deaf Athlete Japan のそれぞれの単語「d a j」をベースに、デフの象徴である「シーホース(タツノオトシ)」をイメージ、デザイン。
dの中に丸を配置する事で、デフの特徴である「見る」=「目」、同時にツールである「カメラ」を表現。
またスポーツを表すスピード感をムーブで表現。
                                  Designer Hira
スポンサーサイト

| Other | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

デフラグビー

デフラグビーフェスティバル

ラグビーというスポーツは意外と音を大切にするスポーツである。
特に前方の相手チームを見ながら自分の後ろにいる人にしかパス出来ないという特殊なルールをこなしていくには、声を掛け合いながらプレーするコーリングというラグビーのテクニックの一つとなっています。
声をかけずにプレーするのは、大変難しいとされているが、アイコンタクトで可能性を追求してきたのがデフラグビーである。
そしてデフスポーツ中で唯一のコンタクトスポーツ団体競技である。
日本聴覚障害者ラグビー連盟(以下JDRU)の活動は1994年より始まり、2002年ニュージーランドにて、デフラグビー世界大会が開催されJDRUも初のデフ日本代表チームが結成されました。
そのチームには全く聞こえない人から軽度難聴者までいて、監督とコーチはともに聴者でした。
コミュニケーションの手段もばらばらで、日常的に手話を使う者もいれば、全くできない者もいました。
ラグビー専門用語手話表現出来るベテランコーチのサポート、工夫と練習を重ねてコミュニケーションギャップを少しずつ埋めていき、7人制ラグビーでは地元ニュージーランドや強豪ウェールズを倒して準優勝の好成績を収めました。
現在は2011年にフィジー遠征の計画があり、このフェスティバルを弾みに次世代ラガーマンを育てていきたいという考えです。
JDRUは次世代にラグビーを伝えようと、聞こえない子どもたちへのデフラグビー教室を続けている模様。
日本ラグビーフットボール協会後援のもと、子どもたちにラグビーを体験させ、試合観戦していただき、
コミュニケーションの楽しさと困難なことに挑戦する喜びを、子どもたちに伝えている。
このフェスティバルのもうひとつの目的が、子どもたちが観戦する強化試合であり、技術レベルアップとともに全国にいるデフラガーマンを発掘することがデフラグビーフェスティバルの背景となっている。

日本聴覚障害者ラグビー連盟HP http://www.deafrugbyjapan.com/




















| Deaf Sport | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

006 TASHIRO

「デフラグビー先駆けの田代選手」

田代選手は元々アメフトをやりたかっていたのだが当時の高校にアメフト部がなくラグビー部に入る。
大学時代でも筑波大学OBのラグビーチームに入り、社会人になっても地元のクラブ(聴者)に入り現在もラグビーを続けている。
デフラグビー発展のために日本聴覚障がい者ラグビー連盟の会長も一任しているデフラグビー歴の1番長い現役デフラガーマンの田代選手。
「2002年世界大会時のデフ日本代表メンバーが最強だった。そのメンバー達と集まってもう1度一緒にプレイしたい。」と言ってるのだがそれを超えるデフ日本代表チームを築き上げていく為に体を張って若者を引っ張ることを最優先とし、プレー出来る限り現役で続けたいと。
今年夏に開催されるデフパシフィック大会(フィジー)のデフ日本代表候補でありもう1度、デフオールブラックス(NZ)、デフワラビース(AUS)らとベストなメンバーで対戦したいとコメントしている。











写真提供:NAGATA 2002年デフラグビー世界大会 VS デフAUS




 田代 聡 選手(TASHIRO SATOSHI)
 ・生年月日: 1968年11月
 ・出身地: 神奈川
 ・身長・体重: 180cm・84kg
 ・ラグビー歴: 20年
 ・ポジジョン: フォワード第2・3列
 ・聴力レベル: 先天性感音性聴覚 左右120db以上
 ・補聴器の有無・形式: 無し
 ・コミュニケーション能力: 手話・読話・筆談 電話対応不可
 ・最終学歴: 筑波技術短期大学
 ・職業: オートバイ整備
 ・キャリア:2002年世界デフラグビー大会15人制代表と7人制代表(7人制大会準優勝)
       2005年英国遠征15人制代表


| Deaf Athlete | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

007 SHIBATANI

「完全ラグビー馬鹿の柴谷選手」

柴谷選手は高校時代にラグビー名門高の茗溪学園高校に属していて全国高校ラグビー大会花園へ出場、大学ラグビーリーグ戦出場、フランス留学ラグビーへといろんな肩書きを持つ偉大なラガーマン。
耳が聞こえなくなったのは小さい時からではない。
フランス留学中の22歳時に夏、旅行中のスペイン・パンプローナのバーでお酒を飲み過ぎてそのまま朝まで寝過ごした翌朝、両耳が聞こえなくなってしまってしまう。
そこから、ラグビーを一時的に辞めてしまった。その3年後、デフラグビーの存在を知り、デフラガーマンとしてカムバックとなる。
こうして高校時代から「桜ジャージ」を着るという目標がデフ桜ジャージとして2002年世界大会で果たせたことが何より大きいという柴谷選手。
デフラグビーのおかげで手話という言語を身につけ、いろんなデフラガーマンと手話、身振り等でコミュニケをとりながらデフラグビー発展に努めている。
母校で英語講師と高校ラグビー部のコーチ、それからスポーツライターもやっている。











写真提供:NAGATA 2002年デフラグビー世界大会 VS デフNZ




柴谷 晋選手(SHIBATANI SUSUMU)
・ニックネーム :MAYUGE
・生年月日: 1975年生
・出身地 :茨城
・身長・体重: 168cm・68キロ
・足のサイズ: 26.5cm
・利き手・利き足: 右・右
・ラグビー歴: 20年
・ポジジョン:SH( スクラムハーフ)
・キャリア: 高校日本代表候補、高校東西対抗戦出場
       2002年ジャパンセブンス デフラグビーの部MVP
       2002年デフラグビー世界大会15人制日本代表・7人制日本代表
       7人制大会 日本準優勝
       2005年 デフラグビー英国遠征にて主将

・聴力レベル: 突発性難聴による左耳軽度難聴
・補聴器の有無・形式 :有・ワイデックス社passion (ヨーロッパ向けCMに出演)
・ラグビー時の補聴器有無: 無
・コミュニケーション能力: 口話・手話 電話対応可(右耳)
・血液型: O型
・最終学歴: 上智大学外国語学部フランス語学科
・職業: ライター、英語講師
・家族:父・母・兄
・ラグビーやったきっかけ: 茗溪学園中学に入学したため
・ラグビーの醍醐味は?: ノーサイドの精神
・ラグビーの特技は?: タックル
・ラグビーをやって聴力影響は?:後ろからの指示の声が分からない。
・ラグビーやって忘れられないことは?: 2002年デフラグビー世界大会遠征時にデフマオリチームと試合でロ スタイム劇的逆転勝利したこと。
・ラッキーアイテム: 無し
・愛用スポーツメーカー: 特になし
・ラグビーをしていなかったら: コピーライター
・ラグビー以外にやってみたいこと: 世界一周旅行
・趣味: クラシックギター、茶道
・私の宝物: デフジャパン桜ジャージ・著書「静かなるホイッスル」「出る杭を伸ばせ」
・今後の夢: 2011年8月デフラグビーパシフィック大会(フィジー)での勝利
・好きな言葉: 乾杯!
・座名の銘: Rugby Opens Many Doors 「ラグビーは人生の扉を開く」
・今後の抱負: まずは来年の大会で勝利。次は日本で国際大会を開催、そして優勝を目指します。
・皆さんへのメッセージ
ノーサイドの精神とは、「試合が終われば(サイドがなくなれば)、敵も味方も同じラグビーを愛する仲間」という意味。デフラグビーの試合でも同じように多くの仲間が作れます。体をぶつけ合い、全力を尽くすことで、聞こえる人と聞こえない人の壁がなくなり、国籍も越えて友情の輪が広がるのです。2011年の大会に向けて、仲間を募集しています。興味のある方、ぜひ
allquiettyphoon@freeml.comまでご連絡ください。

・PR
個人ブログ「それいけ!デフラグビー」
http://hochoker.blog.ocn.ne.jp/susu/

・ワイデックス社passion (ヨーロッパ向けCMに出演)
http://www.youtube.com/watch?v=9jwTK9iDhM0

メールマガジン「2011年フィジーへの道」発行中!
ご希望の方は、件名に「メルマガ希望」とお書きの上、お名前を明記して送信してください。
shibatani@rugby.club.ne.jp

過去のメルマガはこちら
http://ameblo.jp/deafrugby/

・著書「静かなるホイッスル」
http://www.shinchosha.co.jp/book/302171/

・著書「出る杭を伸ばせ」
http://www.shinchosha.co.jp/book/302172/

| Deaf Athlete | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

008 HINO

「重戦車如く日野選手」

日野選手はろう学校育ちでありこれまでずっと野球一筋であった。
しかし、このまま野球を続けては、自分の体が勿体無い(100%生かされてない)と実感し、コンタクトスポーツを主に、アイスホッケーなど色々なスポーツにチャレンジしてきたという。
それがデフラグビーとの出会いで、「これだ!」と実感して現在に至る。
大型体格ながら力強い体当たりのプレースタイルを発揮できるのと、日本では数少ないプロップ選手として、デフラグビーにとっては心強い存在となってる。
しかし、ラグビーは社会人になってから始めた為に学生時代からの経験者との実力差はあるのだが、英国遠征でデフイングランド、デフウェールズ、デフスコットランドとの国際試合を経験してきたという事で、2011年夏に開催されるパシフィック大会(フィジー)でも主力メンバー候補として挑戦する。
プレイヤーだけではなく、デフラグビー普及も積極的に活動している。
毎年2回以上、デフキッズラグビー交流の企画を開催し、タッチラグビー、タグラグビーの楽しさを教えながら活動している。
※タッチラグビーや、タグラグビーとは、コンタクトの無いラグビーで、女性や子供も楽しめられるスポーツで、参加者から好評を頂いております。














 日野 敦博選手(HINO ATSUHIRO)
・ニックネーム: アツケン
・生年月日: 1979・02・28
・出身地: 千葉
・身長・体重: 182cm・105キロ
・足のサイズ:28.0cm
・利き手・利き足: 右・右
・ラグビー歴: 8年
・ポジジョン:FW
・聴力レベル: 先天性感音性聴覚 左右100db
・補聴器の有無: 有
・ラグビー時の補聴器有無: 無
・コミュニケーション能力:手話・読話・筆談 電話対応不可
・血液型:O型
・最終学歴: 筑波技術短期大学(現 筑波技術大学)
・職業: 建築設計
・家族: 妻・娘
・ラグビーやったきっかけ:自分の体をフルで活かせる
・ラグビーの醍醐味は?: 肉弾戦であること、ノーサイド精神
・ラグビーをやって聴力影響は?
ボールを前にパスできないのと、肉弾戦なのでアイコンタクト
が一番重要ですが、聴力に困る事はありません。
※スクラムの場合は、レフリーが手で合図を出しています。
・ラッキーアイテム:無し
・愛用スポーツメーカー: UNDER ARMOUR
・ラグビーをしていなかったら: シェフ
・ラグビー以外にやってみたいこと:「食」の世界旅行
・趣味: 料理、旅行、アウトドア
・私の宝物: 家族
・今後の夢: デフキッズのラグビーチーム創立
・好きな言葉:男は黙って器の大きさを魅せるのみ。
・座名の銘: 自分に限界を作るべからず
・今後の抱負: ラグビー強豪のニュージーランド、オースト
ラリアを倒したい。
・皆さんへのメッセージ ラグビーに対する固定概念(キツイ
、怪我する、体が小さい、細いから向いてないなど・・)を捨
てて、体験してみてください。
・PR  http://www.deafrugbyjapan.com/


| Deaf Athlete | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

009 OKUDERA

「アメフト出身の奥寺選手」

奥寺選手は現在、早稲田大学大学院生であり、2年前まで早稲田大学アメフト部に属していた。
関東学生リーグでも法政大、日本大など強豪アメフト部との試合経験が豊かな奥寺選手だが、引退後「耳の聞こえない仲間達とスポーツをしてみたい」と思い去年にデフラグビーを始めた。
アメフトもラグビーもともにコンタクトスポーツであり、ボールの形(楕円形)やタックル(体当たりして相手を倒すこと)などが似ているので、違和感を感じることはあまりない。
ただ、ラグビーは後ろにしかボールをパスできないという点でアメフトと大きな違いがあった。
そのため、前にいる敵だけでなく後ろにいる味方も見ながら走るというプレーにはまだ慣れていないが、「やれる!」という気持ちを持ってチャレンジしていく。
今回のデフラグビーフェスティバルにおける東京外人クラブとの試合がラグビーのデビュー戦だったにもかかわらず、力強い走り、力強い体当たりを発揮している期待大の奥寺選手。
「是非、いつか外人デフ選手達とコンタクトプレーをしてみたい!」とデフ日本代表入りを目指して今後もデフラグビーに臨む。











写真提供:OKUDERA 
右上 2006年ヨコハマボウル大会 VS 松下電工
右下 2006年 VS 関西学院
左 2010年 VS 日本大




 奥寺 渉選手(OKUDERA WATARU)
・ニックネーム: DERA
・生年月日: 12・JUN・1986
・出身地: 東京
・身長・体重: 180cm・77キロ
・足のサイズ:28.0cm
・利き手・利き足: 右・右
・ポジジョン:BK
・キャリア: 2004年高等学校アメリカンフットボール選手権全国3位
       2005年学生アメリカンフットボール関東1部リーグ2位
       2006~2008年学生アメリカンフットボール関東1部リーグブロック2位
・聴力レベル: 先天性感音性難聴 左右100db
・補聴器の有無・形式: 有・耳掛け式
・ラグビー時の補聴器有無: 無
・コミュニケーション能力:手話・口話・筆談 電話対応不可
・血液型: A型
・最終学歴  早稲田大学大学院(在籍中)
・家族:父・母・妹
・ラグビーをやったきっかけ:手話通訳者である友人の勧め
・ラグビーの醍醐味は?: 激しいコンタクト、流れるようなパスワーク、そしてハカがかっこいい
・ラグビーの特技は?:1対1の攻防
・ラグビーをやって聴力影響は?:特に問題ありません。
・ラグビーやって忘れられないことは?:初めて参加した練習で、パスを出す時のアドバイスが「愛を届けるように」by主将
・ラッキーアイテム:リポビタンD
・愛用スポーツメーカー:UNDER ARMOUR
・ラグビーをしていなかったら:キックボクサー
・ラグビー以外にやってみたいこと:K-1観戦・B級グルメ制覇
・趣味: スポーツをやること&観ること・食べ歩き
・私の宝物:腕時計・今までもらったアルバムや寄せ書き
・今後の夢:ろう学校の先生
・好きな言葉:何とかなる...じゃなくて何とかする
・座名の銘:「すべては心次第」
・今後の抱負:来年の夏、フィジーで世界一!!
・皆さんへのメッセージ :一緒にラグビーやりましょう♪ 楽しいですよ^^
・PR  
日本聴覚障害者ラグビー連盟(http://www.deafrugbyjapan.com/

早稲田大学アメフト部
http://www.interq.or.jp/football/bigbears/topics/4nen_okudera.html

| Deaf Athlete | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

デフラグビー

















































| Deaf Sport | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。