2011年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第36回関東ろう者冬季体育大会

1月22日に群馬・丸沼高原スキー場にて第36回関東ろう者冬季体育大会が開催された。
関東ろう者冬季体育大会はアルペンスキー、アルペンスノーボード、スキー技術の3競技で向上を図り、4年に1度開催される冬季デフリンピックの競技水準の向上を期して選手や指導者がスポーツ活動に打ち込めるように、スポーツ振興として毎年開催されている模様。
今年2月18日から26日まで9日間スロバキアで開催される2011ハイタトラス冬季デフリンピックの日本代表選手も 当大会にエントリされ、セレモニーも行われた。
アルペンスキー選手3名 アルペンスノーボード5名 スノーボードハーフパイプ4名 クロスカントリースキー4名カーリング5名 合計 21名の日本代表選手が参加される。

2011ハイタトラス冬季デフリンピック公式サイト

日本ろう者スキー協会デフアルペンスノーボードチーム

デフジャパンアルペンスキーチーム

日本ろう者スキー協会スノーボードチーム

デフクロスカントリーチーム


関東ろう者冬季体育大会実行委員長 兼 
2011ハイタトラス冬季デフリンピック日本選手団総監督 粟野 達人氏のコメント

「 関東ろう冬季体育大会でアルペンスキー、アルペンスノーボードの日本代表選手が参加して一般参加選手より格差のタイムの滑りを見せてくれた通り、日本選手団選手全員がメダル獲得を目指して頑張っています。詳しくは日本選手団ホームページでデフリンピック競技中に順次お知らせしますので、ぜひご覧頂きたい。もちろん前回の冬季デフリンピック以上のメダル獲得を目標にしています。
ぜひ、皆さんからも多大のご応援・ご支援をどうぞよろしくお願いします。
                                            日本選手団総監督 粟野達人 」




画像提供:全日本ろうあ連盟


2011ハイタトラス冬季デフリンピックアルペンスノーボード日本代表 原田 上選手(日本選手団主将)


2011ハイタトラス冬季デフリンピックアルペンスキー日本代表 中村 晃大選手


2011ハイタトラス冬季デフリンピックスノーボードハーフパイプ日本代表 阿部 由紀子選手
写真提供:ABE


関東ろう者冬季体育大会でデフリンピック代表選手の競技を見守る粟野 達人総監督


粟野 達人総監督をはじめ、挨拶する日本代表選手


アルペンスノーボードチームを激励する関東ろうあ連盟 小出真一郎理事長 
  


スポンサーサイト

| Deaf Sport | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

010 HARADA

「未踏の記録へ挑む、ディフェンスチャンピオンのボンバー原田選手」

デフリンピックにおいて原田 上選手の名前を知らない関係者はいない。
デフリンピック2大会連続金メダリストであり、スロバキアデフリンピックでも金メダリスト候補に上げられている。
国内や海外を問わず、年に20回以上大会へエントリー、昨シーズンはヨーロッパデフ選手大会でも金メダルを獲得した原田選手。
これまでに3大会連続で金メダルを獲得した選手は今までにいない。そのプレッシャーは相当なものではないだろうか。
「自分でもその点は自覚していて、周りに「3大会連続で金メダルを穫ります」と宣言しています。宣言した以上、必ずやり遂げたい。」
自分が金メダルを穫ることで、社会にも理解を広め、若い選手が増えることでチームとしてレベルアップしたい。その想いから宣言につながったという。
デフリンピック後は、チームの要として若い選手の育成も積極的にやっていきたいとのこと。
同時に「(そう簡単には)若い選手に負けるつもりはないです」自分が高い壁になっていくことで、選手を育てていく。
その過程を経て、数年後に現れるであろう史上最強のアルペンチーム。
その日がくるのが楽しみである。















 原田 上選手(NOBORU HARADA)
・ニックネーム: ジョー
・生年月日: 1976・03・08
・出身地 :  栃木県
・身長・体重: 167cm
・足のサイズ: 26.5cm
・利き手・利き足: 右手・右足
・スノーボー歴: 17年目
・キャリア: 2003年スウェー・デンデフリンピックGS金メダル
       2007年アメリカ・デフリンピックPGS金メダル PSL金メダル
       2008年ヨーロッパデフチャンピオンシップ大会(オーストリア)PSL銅メダル
       2010年ヨーロッパデフ国際選手権大会(イタリア) GS金メダル PSL金メダル
・スノーボーの特技: テクニック駆使してのスピード
・聴力レベル: 両耳100db
・補聴器装着の有無・形式: 無し
・スノーボーの時の補聴器装着の有無: 無し(デフリンピックは補聴器装着禁止の為)
・コミュニケーション能力: 日本手話
・血液型: O型
・最終学歴: 栃木県立ろう学校
・職業: 医療機器製造業
・家族: 親を含めて5人
・スノーボーのきっかけ: 先輩の紹介
・スノーボーをやって聴力影響は?: 特になし
・スノーボーの醍醐味は: いろんなテクニックカバーで、どれぐらいのタイムが縮まるのか 
・スノーボーをやってなかったら?: 海外旅行、バイクマニア?
・ラッキーアイテム: 特になし
・愛用品スポーツメーカー: ニューバランス
・趣味: 海外旅行、バイクツーリング、ショッピング
・宝物: スノーボード、バイク
・今後の夢: スノーボードのコーチ
・今後の抱負: デフリンピックだけではなく、JSBA(日本スノーボード協会)、SAJ(全日本スキー連盟)主催の大会でも上位を目指したいです。そしてデフ子供達にスノーボードの楽しさを伝えていきたいです。
・皆さんへのメッセージ: 今後のデフリンピック、ヨーロッパ・デフチャンピオンシップ大会、SAJ公認大会等、ベストを尽くして頑張りますので皆さんのご応援をよろしくお願いします。




| Deaf Athlete | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

011 TEZUKA

「滑る時は心を「無」に 、手塚選手」

スノーボードフリースタイルを7年経験し、その後にアルペンに転向して4年。
今大会が初出場となるスノーボードアルペンチーム 手塚久野選手、スピードに恐怖感を感じることがあるという。
その恐怖感を克服する秘訣は?という質問の回答が上記の「無」。
「あれこれ考えると、よけい悪い方向に行ってしまうことが多いので、出来るだけ心を「無」にしてレースに臨むようにしています。」
そう話す手塚選手。自然体になってレースに臨む。それはやはり練習の積み重ねが作り上げていくものであり、また原田選手から助言をもらうこともあるという手塚選手。
その成果は少しずつ現れ、アルペンに転向して4年、昨シーズンはヨーロッパデフ選手権大会で3位入賞、銅メダルを獲得。国内でも、全国ろうあ者冬季体育大会において回転で優勝、大回転で2位入賞という実力を持つレーサーへと成長した手塚選手。
ヨーロッパでのメダル獲得が自信につながり、デフリンピックでも表彰台を目指す、というその目、手には強い決意が込められていた。















 手塚 久野選手(HISANO TEZUKA)
・ニックネーム: ヒサ
・生年月日: 1977.12.21
・出身地: 栃木県
・身長 : 165センチ
・足のサイズ: 24センチ
・利き手・利き足: 右手、右足
・スノーボー歴: 11年目
・キャリア: ヨーロッパデフ国際選手権大会 大回転3位、パラレルスラローム:4位
・スノーボーの特技: フロントターン
・聴力レベル: 100デジベル以上 
・補聴器装着の有無・形式: 有
・スノーボーの時の補聴器装着の有無: 無
・コミュニケーション能力: 手話、筆談、読話など
・血液型: O型
・最終学歴: 城西大学女子短期大学部(新名:城西短期大学)
・職業: 会社員
・家族: 4人
・スノーボーのきっかけ: 友人の誘い
・スノーボーをやって聴力影響は?: まったく聞こえない
・スノーボーの醍醐味は?: スピード、テクニカルなところ
・スノーボー以外にやってみたいこと: 動物の心理を学びたい。
・スノーボーをやってなかったら?: 暗い道に行ってたと思う。
・ラッキーアイテム: 特にこだわっていない
・愛用品スポーツメーカー: Oxess,F2,ACT,UPZ,Pro Active Flex,ONYONE 等
・趣味: 登山、アウトドア、ダイビング、愛犬と交流、旅行、森林活動等
・宝物: 腕時計、携帯電話、写真
・今後の夢: デフ・スノーボード育成のために、インストラクターの資格獲得を目指すこと(叶えるかな?苦笑)当分の間は、自分の納得できる滑りを身につける。
・好きな言葉: 忍耐、愛情
・座右の銘: 何かあっても、辛い気持ちを耐えて、障害及び挫折を乗り越えれば、小さな光が見える。光が見えたら、大きな夢を掴める。絶対に叶える。
・今後の抱負: 強豪国のスイス、イタリア、オーストリア選手と戦い、自分の体力限界まで行き、表彰台を目指す。
・皆さんへのメッセージ: アルペンスノーボードは、アルペンスキーと似ていてスピードがあります。楽しいので、一緒にアルペンスノーボードやりましょう(*^_^*) 私は、新聞社と講演会、ショップにデフリンピックPR等で、精一杯活動しますのでよろしくお願いします。

日本ろう者スキー協会デフアルペンスノーボードチーム
http://ameblo.jp/alpinesnowboard-deaf/





| Deaf Athlete | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

012 OMORI

「テクニックの原田、スピードの大森選手」

「スピードですね。」
3選手に自分の特徴は何か、という質問に原田選手、手塚選手が「テクニック」と答えたのに対し、大森選手はこう答えた。
「スピードに魅力を感じて、アルペンに転向したんです。」
屈託のない笑顔でそう話す大森選手。
「自分はスピードから入ったから、テクニックが一番の課題なんですよ」
同じチームにはテクニックを得意とする原田選手が在籍していることもあり、原田選手の滑りから学ぶことが多い、存在が大きいという。
「自分(原田選手)はテクニックはあるけど、スピードが課題。大森選手はスピードがあるから、彼から学ぶところが数多くあります」そう話すのは原田選手。
チーム内に異なる得意分野を持つ2名が在籍することで、お互いを高め合っていく存在にもなっているとのこと。
それはすなわちチーム全体のレベルアップを図る要素にもなっていく。
テクニックの原田、スピードの大森。
この異なる特徴を持った二人がデフリンピックという大舞台で揃って表彰台に登るシーンを見てみたいのは自分だけではないはずである。















 大森 伸一選手(SHINICHI OMORI)
・ニックネーム: しん
・生年月日: 1973・09・29
・出身地: 栃木県
・身長・体重: 172・72
・足のサイズ: 26
・利き手・利き足: 右手・右足
・スノーボー歴: 17年
・キャリア:  2007年アメリカデフリンピック出場
        2008年ヨーロッパデフカップ選手権出場(オーストリア)
        2010年ヨーロッパ国際選手権出場(イタリア)
・スノーボーの特技: スピード・バックターン・テニカル
・聴力レベル: 両方90以上
・補聴器装着の有無・形式: 無し
・スノーボーの時の補聴器装着の有無: 無し
・コミュニケーション能力: 空文字・ジェスチャー・日本手話・筆談
・血液型: B
・最終学歴: 栃聾学校卒
・職業: 東芝電子菅デバイス株式会社 
・家族: 5人
・スノーボーのきっかけ: 先輩と後輩の影響です
・スノーボーをやって聴力影響は?: レースのときターンするときの判断でうまくターンしてるか判断すると聞いてますが僕は体の感じで判断します。
又はスタートするときブザーがある責任者にお願いしてサインしてもらってる。できれば選手リストに聾者が居れば気がついて欲しいね。順番待ちのとき番号をスピカーで呼ぶ時が多い。僕かどうか確認するのにメンタルにやられますね。
・スノーボーの醍醐味は?: 雪面の上でスピードだしてカーピングするのが気持ちいいしリフト乗るとき回りの木と山が真っ白で気持ちいいです。
・スノーボー以外にやってみたいこと: グレー射撃とグラインダーと空飛ぶスポーツやってみたいです
・スノーボーをやってなかったら?: 家でのんびりしてるかラジヘリをやってたかもね。
・愛用品スポーツメーカー: オクセス・ケスラー・アクトギア・フィオカ 
・趣味: アウトドア・バイク・ラジヘリ・何かをいじる
・宝物: 有るけど秘密
・今後の夢: 行ってみたい外国へ行って色々の聾関係の情報を集めたい。
・好きな言葉: 壁を自分のプライドで壊して乗り越えよう。
・座右の銘: 何かあっても壁を乗り越える。壁に負けないで最後まで8転びだるまになっても繰り返して内容も変えて壁を壊して乗り越える。
・今後の抱負: 恐怖心を捨てて失敗なく最後までやりたいです
・皆さんへのメッセージ: 日本の皆さん僕はメンタルには弱いけど皆の力を借りてデフリンピックで全力出して表彰台に上がるように又は日本旗を上げるように頑張ります。
応援よろしくお願いします。





| Deaf Athlete | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

013 TAMURA

「エベレスト登頂を目指す田村デフアルピニスト」

田村は15歳からよく叔父、父と一緒に山登りしていたことから現在に至っている。
日本100・200名山も達成していて、今度は厳冬期登山にもチャレンジし、聴者登山者でも達成の数少ない積雪期の剣岳、穂高連峰も成し遂げている偉大なデフアルピニストの田村。
登山だけではなくバックカントリースキーもチャレンジし続けている。
特に有名なスキーアルピニスト登山家の三浦大介の1人しか成し遂げていない北岳のバットレス・ヒドゥンガリー滑降も達成しており史上2人目という記録がある。
田村は1999年・2003年にデフリンピック冬季大会で日本代表アルペンスキー選手として出場した経緯からスキーアルピニストとして活躍している。
スキーだけではなく世界一過酷なラリーといわれる「パリ・ダカール・ラリー」(約10,000km、17日間)にもエントリーし、ゴール目前でマシントラブルに泣き完走は果たせなかったもの、
得たものは大きかったという。
今度は誰もが憧れる世界一のエベレスト登頂に向けて毎年厳冬期登山で心肺機能トレーニングしている。冬山だけではなく、富士登山競走や日本山岳耐久レース等のトレイルランレースやロードサイクルレースやオリエンテーリング大会にもエントリーしている。
エベレスト登頂はザイルワークスキルも欠かせないのでアイスクライミングやアルパインクライミング等でザイルワークスキルを身に付けながらエベレスト登頂を目指してチャレンジし続けて行く。
「出来れば、8000m級の山で無酸素登頂したい。」とコメントしている。
目標のエベレストが終わったらどうするの?の問いに「次は海の世界へ行ってフリーダイバーかスカイダイバーになろうか!」とジョーク飛ばしている。




















2003年冬季デフリンピック大会にて
写真提供:TAMURA


2001年パリ・ダカール・ラリー大会にて
写真提供:TAMURA





 田村 聡アルピニスト(TAMURA SATOSHI)
・ニックネーム たむたむ
・生年月日:1965年1月28日
・出身地 :東京
・身長・体重:180cm・70kg
・足のサイズ:26.5cm
・利き手・利き足:右・右
・登山歴:約30年
・キャリア:
1991年5月 ヨーロッパオートルート(山岳スキー)
1993年10月 第1回日本山岳耐久レース(71.35km)総合19位 20才の部5位
1995年8月27日 北アルプス(槍・穂高)ランニング登山 日帰り
 中の湯→焼岳→西穂高岳→奥穂高岳→北穂高岳→南岳→槍ヶ岳→上高地
2000年8月 日本百名山全山登頂  ★ろう者として初の達成
2002年8月 ヨーロッパアルプス最高峰 モンブラン(4807m)登頂
2007年5月 ヒマラヤ アイランドピーク(6160m)登頂
2007年10月 ヒマラヤ チョ・オユー(8201m) ★ろう者として世界で初の登頂成功
2007年11月 日本200名山登山全山登頂 ★ろう者として初の達成
2008年4月28日 槍・奥穂高岳山スキーワンディ成功 単独 ★ろう者として初の達成
2008年5月1日 剱岳一周山スキーワンディ成功 単独 ★ろう者として初の達成
2009年5月1日 剱岳・南面 ダイレクトルンゼ(Avg.45度 Max.50度)スキー滑降成功 ★ろう者として初の達成
2009年6月2日 北穂高岳、超急斜面の滝谷C沢左俣スキー滑降+日帰り成功 ★ろう者初達成
2010年5月21日 北岳バットレス・ヒドンガリースキー滑降成功!2004年三浦大介氏(聴者)初滑降以来!最大斜度55度、標高差870m

【登山以外、主なバイクレース参戦記録】
1999年8月 ラリーレイドモンゴル1999 総合25位
2001年12月28日~2002年1月13日 パリダカール・ラリー参戦
2002年4月28日~5月5日 TOUR DE NIPPON 2002 9位入賞
2003年4月28日~5月4日 THE2ND TOUR DE NIPPON(SW) 奄美大島→白馬
総合11位、OVER38クラス3位
2003年7月20日~7月26日 THE2ND TOUR DE NIPPON(NE) 北海道芦別市→白馬
総合9位、OVER38クラス3位
2005年9月 ファラオラリー2005参戦(エジプト)
2007年7月 北海道4デイズ 2007 総合10位

・聴力レベル:感音性聴覚 左右100dB
・補聴器の有無・形式 :有・耳かけ形補聴器
・登山時の補聴器有無:有
・コミュニケーション能力:日本手話・筆談・読話
・血液型:A型+
・最終学歴:国土建設学院 地図製図士2級取得して卒業
・職業:自営業
・家族:父・母
・登山やったきっかけ:叔父、父から影響
・登山醍醐味は?:自然の厳しさを乗り越えて、登頂や滑降成功したら満足感!山の自然が素晴らしさ!
・登山の特技は?:スキーアルピニスト、アイスクライミング、トレラン
・登山をやって聴力影響は?:ろう者の私は登山の経験も多く特にハンディはないが、雪質チェック、気温、
時間帯、地形などを充分に観察に判断し決定するしかない。夜間は雪がしまり落石も少ないので、
昼間より安全であるが音による危険などの判断ができないハンディは大きいかもしれない。

・忘れられない登山は?:ヒマラヤ チョ・オユー(8201m)登頂、北岳バットレス・ヒドンガリースキー滑降成功!山ほどたくさんあります!
・ラッキーアイテム:パソコン、スマートフォン、GPS、カメラ
・登山をしていなかったら:モータースポーツ、カメラマン
・登山以外にやってみたいこと:モータースポーツのオフロード系ラリー競技 (WRC・パリダカ)
・趣味:アウトドアスポーツ、モータースポーツ、スラックライン、写真、インターネット、読書
・私の宝物:家族・ドラえもん 笑
・今後の夢:世界一周旅人・デフ冒険学校
・好きな言葉:チャレンジ、一期一会
・座名の銘:ハートがあれば、不可能という言葉はない。全てに感謝。
・今後の抱負:世界一になる
・皆さんへのメッセージ:山は自然が素晴らしいです!安全に健康的に楽しい登山をやりましょう!
行きたい山へご希望があれば、ガイド可能です。tamudora@gmail.comまでご連絡ください。

・PR個人HP等
たむたむのホームページ(http://www.tamutamu-net.com/tamutamu/index.html)更新してないが、頑張ります。苦笑

エベレスト登頂を目指しますので、カンパを募っています。
よろしくお願い致します。
たむたむを後援する会(http://www.everest-tamutamu.com/

スポンサー活動(協賛頂いたメーカー)
モンベル
ミレー
ワコール
フェニックス
メレル
エルモ
モンチュラ
マリンサプリ



| Deaf Athlete | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。