2011年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

一般社団法人「DeafAthleteJapan」のご挨拶

daj-aisatsu-sk.jpg

challenged-aisatsu.jpg
スポンサーサイト

| Other | 00時00分 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第33回全国ろうあ卓球選手権大会

「第33回全国ろうあ卓球大会」

2011年3月5日、6日の2日間千葉のポートアリーナにて第33回全国ろうあ卓球大会が開催されました。
全国ろうあ卓球大会は全国各地を巡りながら毎年に1回開催されているが、最近数年間千葉県で開催している。
この大会はその年度全国ろうあ者体育大会におけるベスト16以上の選手及び日本ろうあ者卓球協会からの推薦選手が集まって個人戦ランキングを位置づけするという主旨がある。
各選手の年間ランキングにより、世界大会、デフリンピック大会等の国際大会の日本代表選手派遣の選考会基準という重要背景となっている。
今年の第33回全国ろうあ卓球大会は来年4月末に日本開催地となる世界ろう卓球大会の日本代表選手の最終選考会となった模様。
日本でのデフスポーツの国際大会開催は卓球が初めての開催地となるので「日本の威信」に賭ける想いも強くなっていけることでしょう。
実行委員長の旅川委員長は「新たな日本卓球王国をめざして頑張ってほしい」とコメントしている。

日本ろうあ卓球協会HP
http://www.jdtta.com/

第33回全国ろうあ者卓球選手権大会の結果
http://www.jdtta.com/kokunai/ranking/index.html






















| Deaf Sport | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

022 KOHAMA

「世界女王の小浜選手」

小浜選手は1997年デンマーク大会、2001年イタリア大会、2005年メルボルン大会、2009年台北大会の4季連続デフリンピック出場を果たしている。
1997年デンマーク大会では団体戦、個人戦、ダブルス戦で優勝し、2001年イタリア大会でも2季連続女子ダブルス・個人戦ゴールドメダルに輝いている。
小浜選手は北海道出身で、小さい時はバスケットボールをやっていたが当時は補聴器装着でのコンタクトスポーツは禁止されていた為、卓球へ転向する。
小浜選手の実妹の鈴木由樹子選手も一緒に卓球をやっており、台北デフリンピックでは姉妹揃ってダブルス戦銅メダル獲得している。
卓球歴24年目になる小浜選手の国際大会はどれも舞台が海外だったので来年の世界大会は開催国が日本なので「すごい特別な想いがある」という。
「日本の皆さんに世界デフ卓球という舞台を見せたい」という想いで日本代表入りを果たし、日本での世界大会に臨む。
現役選手としてだけではなく全国各地にある特別支援学校、ろう学校へ訪れ、卓球の指導者としての育成活動も活躍している。














画像提供:KOHAMA
2009年デフリンピック台北大会にて
女子ダブルス銅メダル獲得(左は小浜選手の実妹の鈴木選手)


画像提供:KOHAMA
2009年デフリンピック台北大会にて
女子団体銀メダル獲得(左から小浜選手、佐藤選手、鈴木選手、上田選手)




 小浜 京子選手(KOHAMA KYOKO)
・ニックネーム: はまこ、プーチン
・生年月日: 1975・11・10
・出身地: 北海道札幌市
・身長: 167.7cm
・利き手: 右利き
・卓球歴: 24年目
・キャリア: 
1996年度北海道軟式卓球選手権大会優勝
1996年全国軟式卓球選手権大会ダブルス3位入賞
       
※1995年9月~2001年9月までは北海道チームとして出場。
1995年9月 第29回全国ろうあ者体育大会(於:茨城県水戸市)
        女子団体 準優勝
        女子個人 優 勝

1996年3月 第18回全国ろうあ者卓球選手権大会(於:埼玉県大宮市)
        女子個人総合リーグ 優 勝
     9月 第30回全国ろうあ者体育大会(於:大分県大分市)
        女子団体 3位入賞
        女子個人 優 勝
    11月 第19回全国ろうあ者卓球選手権大会(於:愛知県名古屋市)
        女子個人総合リーグ 優 勝

1997年9月 第31回全国ろうあ者体育大会(於:香川県香川市)
        女子個人 優 勝

1998年9月 第32回全国ろうあ者体育大会(於:広島県尾道市)
        女子団体 3位入賞
        女子個人 優 勝
    12月 第21回全国ろうあ者卓球選手権大会(於:千葉県千葉市)
        女子個人総合リーグ 優 勝

1999年9月 第33回全国ろうあ者体育大会(於:福岡県福岡市)
        女子個人 優 勝

2000年3月 第22回全国ろうあ者卓球選手権大会(於:北海道札幌市)
        女子個人総合リーグ 優 勝
     9月 第34回全国ろうあ者体育大会(於:高知県高知市)
        女子団体 3位入賞
        女子個人 準優勝
    12月  第23回全国ろうあ者卓球選手権大会(於:山形県河北郡)
        女子個人総合リーグ 優 勝

2001年9月 第35回全国ろうあ者体育大会(於:和歌山県和歌山市)
        女子団体 準優勝
        女子個人 優 勝

※以下より、大阪チームとして出場しました。
2002年3月 第24回全国ろうあ者卓球選手権大会(於:大阪府吹田市)
        女子個人総合リーグ 優 勝
     9月 第36回全国ろうあ者体育大会(於:宮城県仙台市)
        女子団体 優 勝
        女子個人 優 勝

2003年3月 第25回全国ろうあ者卓球選手権大会(於:神奈川県横浜市)
        女子個人総合リーグ 優 勝
     9月 第37回全国ろうあ者体育大会(於:長野県長野市)
        女子団体 優 勝
        女子個人 優 勝
    11月 第26回全国ろうあ者卓球選手権大会(於:青森県黒石市)
        女子個人総合リーグ 優 勝

2004年9月 第38回全国ろうあ者体育大会(於:岐阜県岐阜市)
        女子団体 優 勝
        女子個人 優 勝

2005年3月 第27回全国ろうあ者卓球選手権大会(於:千葉県習志野市)
        女子個人総合リーグ 優 勝
     9月 第39回全国ろうあ者体育大会(於:長崎県長崎市)
        女子団体 優 勝
        女子個人 優 勝

2006年2月 第28回全国ろうあ者卓球選手権大会(於:愛知県春日井市)
        女子個人総合リーグ 準優勝
     9月 第40回全国ろうあ者体育大会(於:栃木県宇都宮市)
        女子団体 優 勝
        女子個人 優 勝

2007年2月 第29回全国ろうあ者卓球選手権大会(於:埼玉県越谷市)
        女子個人総合リーグ 3位入賞
     9月 第41回全国ろうあ者体育大会(於:岡山県岡山市)
        女子団体 優 勝
        女子個人 3位入賞
    12月 第30回全国ろうあ者卓球選手権大会(於:大阪府大阪市)
        女子個人総合リーグ 3位入賞

2008年9月 第42回全国ろうあ者体育大会(於:大阪府大阪市)
        女子団体 準優勝
        女子個人 5位入賞(ベスト8)
    12月 第31回全国ろうあ者卓球選手権大会(於:千葉県千葉市)
        女子個人総合リーグ 優 勝

【今までの戦績(国際大会)】
1996年3月 アジア太平洋ろう者競技大会(於:マレーシア・クアラルンプール市)
        女子団体     金メダル
        女子シングルス  金メダル
        女子ダブルス   金メダル
        混合ダブルス   金メダル

1997年7月 世界ろう者競技大会(於:デンマーク・コペンハーゲン市)
        女子団体     金メダル
        女子シングルス  金メダル
        女子ダブルス   金メダル
        混合ダブルス   5位入賞

2001年7月 デフリンピック(旧:世界ろう者競技大会)(於:イタリア・ローマ市)
        女子団体     銀メダル
        女子シングルス  金メダル
        女子ダブルス   金メダル
        混合ダブルス   金メダル

2005年1月 デフリンピック(於:オーストラリア・メルボルン市)
        女子団体     銅メダル
        女子シングルス  銀メダル
        女子ダブルス   銀メダル
        混合ダブルス   4位入賞

2008年5月~6月 第1回世界ろう者卓球選手権大会(於:ブルガリア・ソフィア市) 
        女子団体     銀メダル
        女子シングルス  ベスト8
        女子ダブルス   銅メダル
        混合ダブルス   ベスト16

2009年9月 デフリンピック (於:台湾・台北市)
        女子団体     銀メダル
        女子シングルス  ベスト8
        女子ダブルス   銅メダル
        混合ダブルス   ベスト16

・卓球の特技: スピードドライブ、バックハンドスマッシュ
・聴力レベル: 100db以上
・補聴器装着の有無・形式: 有
・卓球の時の補聴器装着の有無: 無
・コミュニケーヨン能力: 聴者(一般の方)とは・・・口話と筆談
             ろう者とは・・・手話
・血液型: O型
・最終学歴: 北海道札幌星園高等学校
・家族: 父母、妹2人
・卓球のきっかけ: 小学5~6年の2年間はバスケットボール部で活躍していたので、中学でもバスケットボール部に入部することを申し出たのですが、学校の先生に「バスケットボールが補聴器に当たると危険なので、学校としては責任を持てませんので・・・」と断られてしまいました。悔しい思いもしましたが、私の父親が高校時代に卓球選手だったので、私も父親のように卓球選手として活躍してみたいなぁと思い、中学1年から入部したのがキッカケです。
・卓球の醍醐味は?: ドライブのラリーが続いたり、めちゃめちゃ良いコースにめちゃめちゃ良いドライブが決まったり、相手のスマッシュやドライブを返球出来たりすると、マジ楽しいです!(^O^)
・卓球以外にやってみたいこと: いっぱいあります(笑)
・卓球をやってなかったら?:バスケットボール選手or水泳選手のどちらかやってたと思います。
・ラッキーアイテム: ありません。
・愛用品スポーツメーカー: アディダス、アシックス
・趣味: 温泉旅行、映画鑑賞、ドライブ(車&バイク)、ジグソーパズル、ブログetc・・・。
・今後の夢: ううん・・・。
・好きな言葉: 努力、笑顔
・座右の銘: 特にこだわりはありません。
・今後の抱負: 自分の体力の限界まで挑戦し続けていきたいです。
・皆さんへのメッセージ:
 卓球は調整力や敏捷性を必要として、勝敗を競うハードなスポーツです。
 現在、活躍しているろう者の選手達に挑戦することの素晴らしさ・諦めない強さ・チームの絆を伝えていきたいです。







| Deaf Athlete | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

023 AOYAMA

「日本卓球王国立役者の青山選手」

青山選手は4季連続デフリンピック日本代表選手というキャリアがある。
1997年デンマーク大会、2001年イタリア大会では日本団体戦のエースとして2回連続優勝に導き、「卓球日本王国」という称号を得た経歴がある。
青森出身で青森ろう学校の部活をきっかけにラケットを握る。
ずっと卓球一筋で31年プレイしてきている数少ない「真のアスリート」の青山選手。
デフ卓球普及活動一環として「チームアオヤマ」をアクションしている。
しかし、青山選手は「世代交代が未だ来ていない」という不安を脳裏に抱きながら今年年度ランキング2位となったのだが、来年日本で開催される世界大会を目前にラケットを置くことにした。
今年年度のランキング大会を区切りに後世に引導を渡し、今後からは日本ろう卓球協会の理事に赴任し、「卓球日本王国復活」に向けて全面バックアップする。
真のアスリートとして23年間、卓球に全てを賭けてきた青山選手の功績を称えたい。















2011年度ランキング大会2位でピリオドを打つ


画像提供:AOYAMA
デフリンピック1997年コペンハーゲン大会にて
男子団体戦金メダル獲得の表彰式の様子(左側が青山選手 右側が梅村選手)

「このコペンハーゲン大会の後、帰国したら改めて4年間、梅村選手と一緒に東京と大阪と北海道にあっちこっち遠征で虜のような猛練習してきた、ようやく団体戦2連覇を達成した事が大きな経験が出来ました。」


画像提供:AOYAMA
デフリンピック2001年ローマ大会にて
男子ダブルス戦金メダル獲得した表彰式の様子(日本チームの前列左側が青山選手 後列左が梅村選手)

「最初の時に団体戦をやって苦戦しながら金メダル獲得した後、翌日男子ダブルス戦でスタミナ切れの為、負けになりそうな近いので梅村選手に負けるな!! 終わるな!!とお互い様、励みあいに最後まで逆転金メダルを獲得が出来た事が一生忘れないです。」




 青山 修(OSAMU AOYAMA)
・ニックネーム : あお
・生年月日: 1969・6・12
・出身地: 青森県
・身長・体重: 165cm・60kg
・足のサイズ: 26cm
・利き手・利き足: 右・右
・卓球歴: 31年
・キャリア: コペンハーゲン・ローマデフリンピック金メダリスト(団体戦・男子ダブルス戦)
       コペンハーゲン・ローマ・メルボルン・台北デフリンピック日本代表(4回連続出場)
・卓球の特技: 三球目攻撃、粘り
・聴力レベル: 100dB以上
・補聴器装着の有無・形式: 有
・補聴器のメーカー: ワイデックス
・卓球の時の補聴器装着の有無: 無
・コミュニケーヨン能力: 手話、筆談
・血液型: B型
・最終学歴: 専門学校
・職業: 会社員
・家族: 5人
・卓球のきっかけ: 先輩に勧めれて卓球部に入り始めました。
・卓球をやって聴力影響は?: 特になし。
・卓球の醍醐味は?: 11本という得点数が難しいので逆転可能があり奇跡も起こる。
・卓球以外にやってみたいこと: 海外旅行
・卓球をやってなかったら?: 理容店自営
・ラッキーアイテム: 天国の神様
・愛用品スポーツメーカー: 卓球に関して(タマス、ニッタク、ヤサカ)
・趣味: ドライブ、温泉、就寝
・宝物: 金メダル、写真、家族
・今後の夢: 若手の育成の取り組みをして世界チャンピオンにならせてあげたい。
・好きな言葉: 自分に厳しく、他人にやさしく
・座右の銘: 為せば成る
・今後の抱負: デフリンピック代表の選手の間に、卓球協会、卓球の仲間から支えてくれたので感謝のお礼として恩返したいと思い、卓球協会の理事に赴任し、これからコーチ、指導者として子供達に夢や希望を与えたいし、いろいろな学校に訪問したいという目標です。
・皆さんへのメッセージ: 卓球愛好者へ・・・猛練習を頑張っていますか?笑!まず卓球が大好きになること。そうなると練習にハマってると時間が忘れてしまうので伸びる可能性が高いので強くなれるはずと思います。大きな目標をもって前向きで頑張ってほしいです。
・PR: 
チームアオヤマのホームページがあります。機会がありましたらご覧ください。
http://team-aoyama.lolipop.jp/



| Deaf Athlete | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

024 SATO

「二人三脚親子の佐藤選手」

2009年台北デフリンピック大会で団体戦銀メダル、個人戦で銅メダルを獲得しているホープの佐藤選手。
現在は東京富士大学卓球部部員として活躍している。
佐藤選手は小さい時から父親と兄が卓球やっていた影響を受け、家族団らん卓球がきっかけとなる。
佐藤選手の父親は名門協和発酵キリン実業団の男子卓球部佐藤真二監督であり、台北デフリンピック大会でも日本代表監督として親子一緒に国際大会を経験している。
佐藤選手は今年年度ランキング1位に認定されつつも、「未だ強い選手が世界中にいるのでもっと内容の濃い練習をし、また体力や集中力をつけないと勝てない。特に中国チームは強敵。」とコメントしている。
「来年の世界大会で金メダル獲得」を目標にしながら親子で臨む。
東京富士大学卓球部の西村卓二監督は福原愛選手を指導したこともあり、佐藤選手の世界頂点に立てる日が来るという可能性は少なくはない。















画像提供:SATO
2009年デフリンピック台北大会にて


画像提供:SATO
2009年デフリンピック台北大会にて 佐藤選手と父親の佐藤監督




 佐藤 理穂選手(RIHO SATO)
・ニックネーム: りほ、りほちゃん
・生年月日: 1990・10・28
・出身地: 東京
・身長・体重: 169cm
・足のサイズ: 24.5cm
・利き手・利き足: どっちも右
・卓球歴: 10~11年
・キャリア: 関東新人戦シングルス ベスト8
       台北デフリンピック
       シングルス 三位
       団体 二位
・聴力レベル: どっちも106dB
・補聴器装着の有無・形式: 有、耳掛式
・補聴器のメーカー: ホナック
・卓球の時の補聴器装着の有無: 有ですが、ろうの試合では無
・コミュニケーヨン能力: 口話と手話
・血液型: A型
・最終学歴: 東京富士大学ビジネス心理学科
・職業: 大学2年生
・家族: 父、母、兄で4人家族
・卓球のきっかけ: 兄が卓球やってて、また父が指導者をやってたから始めました。
・卓球の醍醐味は?: 何歳でもできるスポーツ
・卓球以外にやってみたいこと: いろんなスポーツをやってみたい★日本1周旅行★
ラッキーアイテム: ラッキーカラーは赤★
・愛用品スポーツメーカー: プーマ、ミズノ
・趣味: 買い物したり、おしゃべりすること★
・宝物: 家族、友達★
・今後の夢: デフリンピックで金メダルを獲得すること★
・好きな言葉: 笑顔(^-^)
・座右の銘: ☆笑う門には福来たる☆
・今後の抱負: 何があっても自分らしく笑顔で頑張りたい★またろうの大会だけではなく、健常者の大会でもいいプレーができるように頑張って行きたいです(^^)
・皆さんへのメッセージ:
卓球は老若男女、どんな方でもでき、また健康のためにもなりますし、脳の活性化にも大変いいスポーツだと思います★ですので、体を動かしたいとか思ったら卓球をやってみてください(笑)




| Deaf Athlete | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

025 UMEMURA

「デフリンピック四冠の梅村選手」

梅村選手はデフリンピック1997年デンマーク大会、2001年イタリア大会、2009年台北大会へと3度出場している。
2001年イタリア大会では青山選手と最強タッグを組み団体戦、ダブルス戦、個人戦、混合ダブルス戦ともに優勝しており、パーフェクトを成し遂げている。
梅村選手の実妹の梅村礼選手は名門実業団卓球部に属していて2001年6月に海外のプロツアーで優勝という結果に奮起し、 イタリアデフリンピックの1年前に仕事を辞めて卓球練習環境に専念した経緯からイタリア大会で4つものゴールドメダルを獲得している。
妹の梅村礼選手も2004年オリンピックアテネ大会にも出場しており、兄妹揃って国際舞台で活躍している。
2009年台北デフリンピックでは1つもメダル獲得できなかったのだが梅村選手は「世界のレベルが上がったのではなく、後世選手は卓球に対するハートが足りない。」と敗因を 指摘している。
そして「卓球日本王国復活」に向けて後世の選手を引っ張りながら来年の世界大会(日本開催)へ向けてチャレンジしていく。



















 梅村 正樹(UMEMURA MASAKI)
・ニックネーム: 梅
・生年月日: 1974・4・24
・出身地: 北海道苫小牧市
・身長・体重 : 180cm・75kg
・足のサイズ : 26.5cm
・利き手・利き足: 右利き
・卓球歴: 23年くらい(ブランクあり)
・卓球の特技: バックかな
・聴力レベル: 100dB
・補聴器装着の有無・形式: 耳あな型
・補聴器のメーカー: リオネット
・卓球の時の補聴器装着の有無: 国内大会は補聴器をしている
・血液型: A型
・最終学歴: 高卒
・職業: 会社員 
・家族: 妻、長女、長男
・卓球のきっかけ: 親が僕に自信を持たせるために
・卓球をやって聴力影響は?: あまり影響はないかな
・卓球の醍醐味は?: 奥が深い
・卓球以外にやってみたいこと: K-1
・卓球をやってなかったら?: ボクシング?
・趣味: 昔はマイカーでドライブだったけど、今は映画鑑賞
・宝物: 家族
・今後の夢: 長男が日本一になること
・好きな言葉: 努力
・座右の銘: 常にあきらめずに最後まで信じてやる
・今後の抱負: 世界一奪回
・皆さんへのメッセージ: 
これからの選手生活は短いですけど悔いのないように頑張りますので応援よろしくお願いします




| Deaf Athlete | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

女子ランキング大会






















2011年度ランキング1位佐藤理穂選手 2位小浜京子選手 3位塩野絵美選手




| Deaf Sport | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

男子ランキング大会






























2011年度ランキング1位梅村正樹選手 2位青山修選手 3位有馬歓生選手







| Deaf Sport | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お知らせ(トクホン真闘ジムの小笠原恵子選手の試合)

トクホンダッシュエアロ第85弾ポスター画像
画像提供:トクホン真闘ジム


2011年6月7日(火)後楽園ホール トクホンエアロ85弾

会場:後楽園ホール(東京ドームシティ・青いビル5F)

最寄駅:JR中央・総武線≪水道橋駅≫ 地下鉄三田・南北・丸ノ内線≪水道橋駅≫

時間:17:30~開場 17:50~試合開始

第5試合 49.7キロ契約4回戦
塚下真理(HEIWA)VS 小笠原恵子(トクホン真闘ジム所属)

小笠原恵子選手の試合は第5試合になります。小笠原恵子選手のご応援をよろしくお願いします。






| Other | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。