2011年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

026 SHUTOH

首藤選手は東京都女子フットサルリーグ1部のう~魚選手として活躍している。

高校まで岩手育ちだった彼女は、学校の生徒が少なかったこともありバドミントンと陸上を掛け持ちでプレーしてきたが、 進学を機に上京し、女子デフフットサルへ転向する。
フットサルを始めてからデフリンピックの存在を知り、サッカーも掛け持ちを始めた。
そして2009年夏に台北で開催された夏季デフリンピックでは、女子サッカー日本代表にも選ばれている。
ろう者女子サッカー日本代表チームの姿を追うドキュメンタリー作映画「アイコンタクト」では彼女の出演が印象的だ。

実際にはサッカーよりフットサル歴の方が7年と長い首藤選手は、今年秋にスウェーデンで開催されるデフフットサル世界大会女子日本代表を目指している。
首藤選手は「代表選手になるからにはフットサル選手としてのフィジカルやスキルを上げ、世界大会に臨みたい!」という強い意志のもと、去年より健常者チームの一員として本格的にフットサルを始めた。

首藤選手はパワフルなプレイヤーではないものの、2011年6月に行われた都リーグでもアラ選手がボールを持った際に近くの選手を経由せずに一発でサイドまでボールを飛ばすというピッチワイド的なプレーを発揮。

凛とした表情が魅力的な彼女だが、『自分としてはテクニック面、メンタル面含めフットサラーとしては未だ未熟だ。学ぶべきことがたくさんあるので今の「う~魚」チームを大切にしていき、一緒に成長していきたい』という謙虚な姿勢と時折見せる恥ずかしがり屋という意外な一面も持ち合わせており親しみやすい選手でもある。フットサルに情熱をかける首藤選手の今後の活躍に大いに期待したい。

※ アラ:(フットサル用語)中盤のフィールドプレーヤーで、サッカーで言うところのMFのこと。









DAJ:フットサルをはじめたきっかけは何でしょうか?

首藤選手:小学生の時にJリーグが開幕されてサッカーが好きになり、サッカーをやりたいと思っていたのですが、学校の部活はバドミントンと陸上しかなかったんです。社会人になってからサッカーをやりたいと思い、チームを探していたところを、フットサルをやってる友人に誘われてやってみたら楽しくて始めたのがきっかけです。

DAJ:最初はデフフットサルチームに加入していたのですか?

首藤選手:はい。最初はデフフットサルの女子チームに入っていたのですが、2011年11月の世界選手権に向けてスキルを上げるため、デフフットサルチームを辞めて健聴者のフットサルチーム「う~魚」に入りました。
健常者フットサルチームの中でろうである私がどれだけ通用できるか試してみたい、と思ったのも一つの理由ですね。
デフ世界大会でプレイ出来るかどうかはわかりませんが、今の「う~魚」チームは未熟な私でも試合に出るチャンスをたくさんくれるので貢献できるよう頑張りたいと思っています。


DAJ:最初はサッカーをやりたいとおっしゃってましたよね、なぜサッカーでなくフットサルを選んだのでしょうか?

首藤選手:サッカーはポジションごとに攻守がありボールに触る機会が少ないのですが、フットサルはポジションに関係なくプレイヤー誰でもボールに触れる機会が多いのでそこが魅力と思ったんです。

DAJ:今までのフットサルをしてきて想い出はありますか?

首藤選手:イタリアでのデフフットサル交流です。イタリアで行われた55周年記念スポーツフェスティバルに招待され、フットサルとして参加した時、相手のチームの体の大きさと体当たりの激しさを感じたことが今でも印象に残ってますね。

DAJ:フットサルをするにあたりご両親の反応はいかがでしたか?

首藤選手:以前ろう者女子サッカーのドキュメンタリー映画「アイ・コンタクト」に出演した時に見に来てくれました。デフリンピックも応援に来てくれました。それまではサッカー・フットサルをしているところを見せたことがなかったので、とても喜んでくれました。映画は2~3回くらい見に来てくれました(笑)

DAJ:とても喜んでくれたのですね!今の「う~魚」チームのセットプレー等のコミュニケーションはどうしているのですか?

首藤選手:基本はボードで教えてくれたりします。試合中はボードを使うことは難しいので、ボールが転がっているときなど監督のほうをみて口や身振りなどで指示を読み取ったりしています。又は前もって試合前のセットプレーのサインを確認し、試合では1,2,3,へといった指文字サインでセットプレーしています。そして試合後の反省や今後の課題等はメールでやりとりしながら、次へのステップへ繋げています。

DAJ:なるほど、そうだったんですね。首藤選手は11月に開催予定の世界選手権のデフ日本女子フットサル代表でもありますが、大会に向けて何か特別なトレーニングはしてますか?

首藤選手:インターバルトレーニングをしてスタミナをつけたり、 体幹トレーニングをしたりしてバランス感覚を保つようにしています。あとはリラックスもトレーニングの一環だと思うので映画鑑賞でリラックスしています。

DAJ:今の「う~魚」のチームメイトとはどんな感じでしょうか?

首藤選手:それぞれ個性豊かなメンバーが多いです。私が分からない事があると親切に教えてくれたりします。日頃の感謝として世界大会でいい結果を報告できたらと思っています。

DAJ:最後に子どもたちに伝えたいことは何か教えてください。

首藤選手:フットサルを楽しんでほしいです。厳しくやるのではなく、まず楽しんでもらえればと思います。楽しいと続きますから。





「う~魚」の松尾キャプテン

所属フットサルチーム「う~魚」キャプテン松尾選手からみた首藤選手と、首藤選手へのコメント

首藤さんはいつも頑張っていて、ろうであることを忘れるくらいです。
そのため、ろうであることに関してメンバーはあまりハンデを感じていないですし、練習も皆と同じメニューでやっています。
メンバーも一層頑張るので、首藤さん(通称シュー)にももっと頑張って欲しいと思っています。















画像提供:SHUTOH
2009年デフリンピック台北大会にて 後列左から3人目が首藤選手


画像提供:SHUTOH
2009年デフリンピック台北大会にて




 首藤 麻衣選手(MAI SHUTOH)
・ニックネーム: シュー
・生年月日: 1982・9・10
・出身地: 岩手県
・身長・体重: 160cm
・足のサイズ: 24.5cm
・利き手・利き足: 両方とも右
・フットサル歴: 7年
・キャリア: 2009年台北デフリンピックサッカー日本代表
       2011年世界デフフットサル大会日本代表
・フットサルの特技: ディフェンス
・聴力レベル: 約130dB
・補聴器装着の有無・形式: 無
・補聴器のメーカー:無
・フットサルの時の補聴器装着の有無: 無
・コミュニケーション能力: 筆談、読話、手話
・血液型: B型
・最終学歴: 筑波大学附属聾学校専攻科
・職業: 会社員
・家族: 父、母、妹、弟
・フットサルを始めたきっかけ: サッカーチームを探してた時、フットサルやってる知り合いから誘われた。種目は違ったがやってみて夢中になった。
・フットサルを始めたことで変わったことは?: 健康に気を遣うようになった。フットサルを通じて友情の輪が広がった。
・フットサルをやって聴力影響は?: 健常者の指示(声)が聞こえない事以外、問題ない。
・フットサルの醍醐味は?: ポジションに関わらず守備、攻撃に参加できること。ボールに沢山触られること。
・フットサル以外にやってみたいこと: アイスホッケー、クライミング
・フットサルをやってなかったら?: 世界一周の途中かな。
・ラッキーアイテム: ヘアーバンド、リカバリーソックス
・愛用品スポーツメーカー: gol、ミズノ(シューズ)
・趣味: 旅行、映画鑑賞、読書、サッカー&フットサル観戦
・宝物: 本、お守り
・今後の夢: 世界一周
・好きな言葉: 和洋折衷
・座右の銘: 継続は力なり
・今後の抱負: 所属チームの公式試合で得点を決める。世界大会でメダルを獲る。
・皆さんへのメッセージ: 
 誰でも気軽にできるのでフットサルに興味を持ったらまずフットサルの楽しさを味わって欲しいですね。デフフットサルの方も温かい応援をお願いします。

・PR う~魚 http://fdelsole.cool.ne.jp/u-gyo/
・デフフットサルプロジェクト http://deaf-futsal12.doorblog.jp/




スポンサーサイト

| Deaf Athlete | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第8回日本聴覚障害者陸上競技選手権大会

2011年5月28日(土)大井ふ頭中央海浜公園陸上競技場にて、第8回日本聴覚障害者陸上競技選手権大会が開催された。
日本聴覚障害者陸上競技協会は聴覚障害者の陸上競技の競技力向上を図ると共に国内の聴覚障害者陸上競技の意欲を高め国際大会等で好成績を収めることを目的としている。
今回の大会は、来年7月に開催される予定の第2回世界ろう者陸上競技選手権大会(2012年トロント)に向けての日本代表選手最終選考会になった。
過去一年間に参加した大会の有効記録と今回の大会の成績を合わせることでデフリンピック日本代表の内定が決定する仕組みになっている。
前回の台北デフリンピックで日本はメダル5個、入賞9と多数の成績を残しているが、ろう陸上競技は毎年他国で世界新記録が続出している。
他国の記録に負けないためにも、日本聴覚障害者陸上競技協会強化部長の森本真敏部長は「毎年日本新記録を生み出せるように育成していきたい。ともに日本代表を目指そう!」と、コメントされている。

日本聴覚障害陸上競技協会HP
http://www.ntrk.sakura.ne.jp/

第2回世界ろう者陸上競技選手権大会(2012年トロント)日本代表選手内定リスト
http://www.ntrk.sakura.ne.jp/pdf/2012canadajentry.pdf






















| Deaf Sport | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

027 MORIMOTO

森本真敏選手はハンマー投げの選手であり、日本ろう記録(63.25メートル)と世界ろう記録(61.08メートル)の保持者として多くの人々に知られている。
2009年台湾・台北市で行われた「第21回夏季デフリンピック」の陸上競技男子ハンマー投げでは、大会記録と世界ろう記録を塗り替え金メダルを受賞している。
本年度、6月に行われた「第8回日本聴覚障害者陸上競技選手大会」では、あいにくの雨にも関わらず、58.38メートルを記録。そんな数多くの功績を残している森本選手だが、母校である滋賀県聾話学校で短期間ではあるが、教師としての経験を持っている。
生徒や職員からの信頼も厚く、森本選手に憧れハンマー投げを始めた生徒も居る。
そんな彼には、「いつかデフリンッピックスクールを設け未来のデフアスリートたちを育てていきたい!」という夢がある。
現在、森本選手は来年(2012年)トロントで開催される「第2回世界ろう者陸上競技選手大会」の日本代表選手として選出され、トレーニングや大会出場で多忙な日々を過ごしている。
森本選手の活躍が「デフアスリート育成」の先駆者として繋がっていけるよう期待していきたい。




DAJ:現在のスポーツを始めたきっかけは何でしょうか?

森本選手:本当はプロ野球選手になりたかった。けれど、健聴の高校受験に落ちて、落ち込んでいる時に滋賀県立聾話学校の体育の先生に勧められたのがきっかけ。

DAJ:高校の体育の先生に?

森本選手:そう、たまたま、その先生はハンマーをやってた先生で自分もやることがなかったから。

DAJ:貴方にとってこのスポーツの魅力を教えてください。

森本選手:魅力はたくさんある。
人生のことや、色々なことをたくさん教えてくれたのがハンマーです。特に記録が伸びないというスランプとか自分の中での葛藤などを乗り越え たときの喜びを教えてくれたり、遠くに飛ばせるようにするには、ボディコンディジョンだけでなく回る技術が大切だってことを教えてくれたり。ハンマー投げの練習や大会を通して、劣等感が無くなったことです。

DAJ:スポーツをやっているうえで聴力の影響はありますか?

森本選手:はじめはあると思ったけど、なかったな(笑)
陸上は他のスポーツと違って、自分の体をコントロールする競技だから、そういうのは関係ない。


DAJ:今までのハンマー投げというライフスタイルで忘れられない思い出は?

森本選手:2009年に行われた台北オリンピックで世界記録を達成できたこと。あとは、アテネオリンピック金メダリスト室伏広治選手に会ってマンツーマンで教えて頂いたこと。

DAJ:室伏広治選手に!?

森本選手:そう。彼に会って、スポーツをする上で聞こえないとか、そんなの関係ない!て、影響を受けたよ。だって、日本人でとてつもない大きな外国人と戦うんだからね。

DAJ:スポーツを始めるにあたってご両親や友人はどんな反応をしましたか?

森本選手:好きなようにしたらいいよ。て感じだったと思う。けど、ハンマーを始める前まで、6年間ずっと野球していたから、父親はすこし寂しがっていたけどね。

DAJ:森本選手は、野球からハンマーに転向するとき、抵抗などはなかったのですか?

森本選手:自分自身も始めは野球に対する嫉妬や抵抗はあったけど、高校1年生の学年別(高体連)で大会新で優勝してからはその気持ちもどうでもよくなった。ハンマーに夢中だったね。というよりハンマーしかなかった。

DAJ:練習や試合の時はどのようにコミュニケーションをとっているのでしょうか?


森本選手:健常者・・・練習は身振りと口話(自分が教えることが多いため口話です。)、普段は筆談。
     ろう者・・・手話


DAJ:ありがとうございます。それでは最後に、これから自分と同じスポーツをやろうとしている人や子供たちに伝えたいことは?

森本選手:今のデフスポーツ界はプロ意識自覚が足りないかと思う。
そんな中、自分がしたいスポーツがなければ諦めてしまう人が殆どなんじゃないかな。
「やりたい!」という強い気持ちを大事にしながら自ら行動起こせるようにして欲しいです。
私がプロのハンマー選手となることで皆さんと一緒に「やるなら、一番になろう」という室伏広治選手の言葉を胸に抱いて頑張っていきましょう。











027-10.jpg

027-11.jpg

027-13.jpg
画像提供:MORIMOTO
大阪世界陸上時にセルゲイ・リトビノフさんとお会いしたときの写真。
リトビノフさんは尊敬する人で、86m04cmも投げています。
人間の中で3番目に遠く投げている人です。

027-12.jpg
画像提供:MORIMOTO
2009年デフリンピック台北大会の試合後、30人以上のサインを書いたこと・・・・




 森本 真敏(MASATOSHI MORIMOTO)
・ニックネーム: MONTA
・生年月日: 1985・5・28
・血液型: B
・趣味: 映画鑑賞
・出身地: 滋賀県
・最終学歴: 筑波大学体育専門学校
・職業: アスリート(ハンマー投げ)
・身長: 183cm
・足のサイズ: 28.5cm
・スポーツ歴: 小学 軟式野球
        中学 硬式野球(ボーイズ)
        高校 ハンマー投げ(6.35kg)
        大学 ハンマー投げ(7.26kg)
        ハンマー投げ11年目、現在に至る。
・キャリア: 長崎インターハイ10位(自己ベスト:58m75cm)
       関東インカレ2位
       日本インカレ6位
       日本選手権3回出場、最高9位
       第1回世界ろう者陸上競技選手権(トルコ)金メダル
       第21回夏季デフリンピック 世界ろう者新記録で金メダル
       自己ベスト:63m25cm
・スポーツの特技: 無限大のバランス力
・聴力レベル: 右/103dB.左/105dB
・補聴器装着の有無: 両耳
・メーカー: リオネットのHB-17
・スポーツ時の補聴器装着の有無: 健聴者と共同トレーニングのみ装用。
・コミュニケーション能力: 手話メイン。健聴者には筆談。
・スポーツの醍醐味: 奥が深い。貪欲にいけばいくほど、終わりがない。たくさんのことを学び成長できる喜び。完ぺきを求めているが、実は完ぺきなんてない。でも、完ぺきを求めることが大事。
・スポーツ以外にやってみたい事: 他種目でデフリンピック出場(笑)
・愛用品スポーツメーカー: アシックス
・好きな言葉: 道汚れなく道険し
・今後の夢: デフリンピックスクールを設立。未来のデフリンピアンを育てていきたい。日本のデフスポーツの意識を改革する時が来た!
・PR
http://profile.ameba.jp/montahammer/

| Deaf Athlete | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

WWSプロレス伊勢崎大会

5月15日にWWS(ワールドウイングスピリット)主催のプロレス試合が群馬伊勢崎市で大震災チャリティマッチとして行われた。
「WWS」団体はミスターポーゴ率いるプロレス団体であり、大仁田厚、グラン浜田、ジャガー横田、ダンプ松本らの有名レスラーもエントリされた。
そのイベントに「HERO」団体も参戦し、2名のデフプロレスラーがリングに上がった。

2名のデフプロレスラーはヤミキと友龍。



JDES佐藤剛由理事長

HERO団体はデフを中心にしたプロレス団体である。

当初はJDES(NPO法人 日本聴覚障害者エンターテイメントサポート)としてデフのスポーツイベント等をサポートすることを目的とし て設立された。

そのJDESの発起人は佐藤剛由理事長。

佐藤理事長はCODAコーダ(聴覚障害の親を持つ健常者)でありヤミキの実息子である。

「何か我々、健常者がデフ達に何かしてやれることはないか?」といろんなあらゆる方面でサポート活動し続けてきて辿り着いたのがデフのためのプロレス団体であった。

2010年にデフプロレス団体として「HERO」を旗揚げし、WWS団体をはじめいくつかの団体と一緒にイベントを立ち上げて活動している。

「HERO」はプロレスを通して手話を広め、健常者達と交流イベントを企画したり、デフのプロレスラーの育成のサポート等範囲広げて手話というコミユニケーション手段を用いて普及活動している。

健常者との架け橋として積極的にWWSプロレス団体をはじめいくつかの団体とプロレス企画を推進している。
実父親であるヤミキはハンディがあるにもかかわらず有名プロレスラー達といくつかのマッチ試合をこなしてきているが「怪我」というリスクを不安に背負っている一方、ヤミキの充実した生き様を見守り続けている。
「ヤミキが逞しく楽しそうにリングに上がっている表情を見てHEROを旗揚げして本当によかったです。そしてもっとデフ達にもスカウトし続け、デフ達にも健常と同じリンクに立たせたい!」とコメントしている。

佐藤剛由理事長は今後も夢実現アクションをし続けていく。

HERO公式サイト http://www.deaf-hero.com/top.html




HERO団体スタッフの手話通訳者がデフ達観戦席へ通訳対応に。


ヤミキ
プロレス歴は昭和47年新日本プロ入門
新日本プロレスの創立期(1972年)に練習生だったヤミキが怪我に悩まされプロレスを断念。
あれから38年の時が流れ、久しぶりにリングの上へ立つ。
プロレスを始めたきっかけは12才時に力道山の憧れが始まり。


<第4試合6人タッグマッチ30分1本勝負>
○グラン浜田・ヤミキ・鎌田大輔 11分2秒エビ固め 島田宏・●ケン・片谷 KENJI




























友龍
プロレスファン歴30年から5年前に本格的に始める。
プロレスやってから「度胸」が据わるようになったという友龍。


<セミ・ミックスド・スペシャルマッチ45分1本勝負>

○ダンプ松本 3分42秒 体固め ●友龍
















<第5試合女子プロタッグマッチ60分1本勝負>
○ジャガー横田・LEON 13分23秒 エビ固め KAZUKI・●阿部幸江










<メインイベントストリートファイト・トルネード6人タッグデスマッチ時間無制限1本勝負>

○Mrポーゴ・金村キンタロー・高瀬直也・黒犬 

8分41秒TKO 絞首刑吊り 

大仁田厚 ・黒田哲広・茂木正淑・●戸井マサル











次回HEROイベント告知
hero.jpghero2.jpg

みんなが力を合わせれば大きな力になる
東北の仲間達の力になろう!

聾被災者救援チャリティプロレス
HERO~deaf japan pro-wrestling~

日時:2011年8月13日(土)

開場:11時30分
開始:12時00分
場所:シアター1010(北千住駅西口すぐ)
チケット:全席自由席2000円(当日券500円増)

出場予定選手:ヤミキ・友龍・百太聾・松永光弘・雫あき 他
※ケガや都合により変更する事があります

オープニングダンサー:T-rumble


チケットの収益金の全てを東北大震災で避難所生活をしている聾者の物資にあてさせて頂きます。


……………………………
主催:NPO法人 日本聴覚障害者エンターテイメントサポート
HEROプロジェクトチーム
〓http://www.deaf-hero.com

特別協賛:Masatoshi Hara
協賛:ダブル・ピー株式会社
協力:R-CREATE・お寺プロレス・Mrデンジャー
後援:wawawa
……………………………


| Deaf Leisure | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お知らせ

Facebook
http://www.facebook.com/pages/Deaf-Athlete-Japan%E3%83%87%E3%83%95%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%91%E3%83%B3/181382401915135


mixi
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5623007


Twitter
http://twitter.com/#!/DeafAthleteJpn




| Other | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。