PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

027 MORIMOTO

森本真敏選手はハンマー投げの選手であり、日本ろう記録(63.25メートル)と世界ろう記録(61.08メートル)の保持者として多くの人々に知られている。
2009年台湾・台北市で行われた「第21回夏季デフリンピック」の陸上競技男子ハンマー投げでは、大会記録と世界ろう記録を塗り替え金メダルを受賞している。
本年度、6月に行われた「第8回日本聴覚障害者陸上競技選手大会」では、あいにくの雨にも関わらず、58.38メートルを記録。そんな数多くの功績を残している森本選手だが、母校である滋賀県聾話学校で短期間ではあるが、教師としての経験を持っている。
生徒や職員からの信頼も厚く、森本選手に憧れハンマー投げを始めた生徒も居る。
そんな彼には、「いつかデフリンッピックスクールを設け未来のデフアスリートたちを育てていきたい!」という夢がある。
現在、森本選手は来年(2012年)トロントで開催される「第2回世界ろう者陸上競技選手大会」の日本代表選手として選出され、トレーニングや大会出場で多忙な日々を過ごしている。
森本選手の活躍が「デフアスリート育成」の先駆者として繋がっていけるよう期待していきたい。




DAJ:現在のスポーツを始めたきっかけは何でしょうか?

森本選手:本当はプロ野球選手になりたかった。けれど、健聴の高校受験に落ちて、落ち込んでいる時に滋賀県立聾話学校の体育の先生に勧められたのがきっかけ。

DAJ:高校の体育の先生に?

森本選手:そう、たまたま、その先生はハンマーをやってた先生で自分もやることがなかったから。

DAJ:貴方にとってこのスポーツの魅力を教えてください。

森本選手:魅力はたくさんある。
人生のことや、色々なことをたくさん教えてくれたのがハンマーです。特に記録が伸びないというスランプとか自分の中での葛藤などを乗り越え たときの喜びを教えてくれたり、遠くに飛ばせるようにするには、ボディコンディジョンだけでなく回る技術が大切だってことを教えてくれたり。ハンマー投げの練習や大会を通して、劣等感が無くなったことです。

DAJ:スポーツをやっているうえで聴力の影響はありますか?

森本選手:はじめはあると思ったけど、なかったな(笑)
陸上は他のスポーツと違って、自分の体をコントロールする競技だから、そういうのは関係ない。


DAJ:今までのハンマー投げというライフスタイルで忘れられない思い出は?

森本選手:2009年に行われた台北オリンピックで世界記録を達成できたこと。あとは、アテネオリンピック金メダリスト室伏広治選手に会ってマンツーマンで教えて頂いたこと。

DAJ:室伏広治選手に!?

森本選手:そう。彼に会って、スポーツをする上で聞こえないとか、そんなの関係ない!て、影響を受けたよ。だって、日本人でとてつもない大きな外国人と戦うんだからね。

DAJ:スポーツを始めるにあたってご両親や友人はどんな反応をしましたか?

森本選手:好きなようにしたらいいよ。て感じだったと思う。けど、ハンマーを始める前まで、6年間ずっと野球していたから、父親はすこし寂しがっていたけどね。

DAJ:森本選手は、野球からハンマーに転向するとき、抵抗などはなかったのですか?

森本選手:自分自身も始めは野球に対する嫉妬や抵抗はあったけど、高校1年生の学年別(高体連)で大会新で優勝してからはその気持ちもどうでもよくなった。ハンマーに夢中だったね。というよりハンマーしかなかった。

DAJ:練習や試合の時はどのようにコミュニケーションをとっているのでしょうか?


森本選手:健常者・・・練習は身振りと口話(自分が教えることが多いため口話です。)、普段は筆談。
     ろう者・・・手話


DAJ:ありがとうございます。それでは最後に、これから自分と同じスポーツをやろうとしている人や子供たちに伝えたいことは?

森本選手:今のデフスポーツ界はプロ意識自覚が足りないかと思う。
そんな中、自分がしたいスポーツがなければ諦めてしまう人が殆どなんじゃないかな。
「やりたい!」という強い気持ちを大事にしながら自ら行動起こせるようにして欲しいです。
私がプロのハンマー選手となることで皆さんと一緒に「やるなら、一番になろう」という室伏広治選手の言葉を胸に抱いて頑張っていきましょう。











027-10.jpg

027-11.jpg

027-13.jpg
画像提供:MORIMOTO
大阪世界陸上時にセルゲイ・リトビノフさんとお会いしたときの写真。
リトビノフさんは尊敬する人で、86m04cmも投げています。
人間の中で3番目に遠く投げている人です。

027-12.jpg
画像提供:MORIMOTO
2009年デフリンピック台北大会の試合後、30人以上のサインを書いたこと・・・・




 森本 真敏(MASATOSHI MORIMOTO)
・ニックネーム: MONTA
・生年月日: 1985・5・28
・血液型: B
・趣味: 映画鑑賞
・出身地: 滋賀県
・最終学歴: 筑波大学体育専門学校
・職業: アスリート(ハンマー投げ)
・身長: 183cm
・足のサイズ: 28.5cm
・スポーツ歴: 小学 軟式野球
        中学 硬式野球(ボーイズ)
        高校 ハンマー投げ(6.35kg)
        大学 ハンマー投げ(7.26kg)
        ハンマー投げ11年目、現在に至る。
・キャリア: 長崎インターハイ10位(自己ベスト:58m75cm)
       関東インカレ2位
       日本インカレ6位
       日本選手権3回出場、最高9位
       第1回世界ろう者陸上競技選手権(トルコ)金メダル
       第21回夏季デフリンピック 世界ろう者新記録で金メダル
       自己ベスト:63m25cm
・スポーツの特技: 無限大のバランス力
・聴力レベル: 右/103dB.左/105dB
・補聴器装着の有無: 両耳
・メーカー: リオネットのHB-17
・スポーツ時の補聴器装着の有無: 健聴者と共同トレーニングのみ装用。
・コミュニケーション能力: 手話メイン。健聴者には筆談。
・スポーツの醍醐味: 奥が深い。貪欲にいけばいくほど、終わりがない。たくさんのことを学び成長できる喜び。完ぺきを求めているが、実は完ぺきなんてない。でも、完ぺきを求めることが大事。
・スポーツ以外にやってみたい事: 他種目でデフリンピック出場(笑)
・愛用品スポーツメーカー: アシックス
・好きな言葉: 道汚れなく道険し
・今後の夢: デフリンピックスクールを設立。未来のデフリンピアンを育てていきたい。日本のデフスポーツの意識を改革する時が来た!
・PR
http://profile.ameba.jp/montahammer/

| Deaf Athlete | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://deafathletejapan.blog76.fc2.com/tb.php/49-597fe656

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。