PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

030 TSUJI

辻選手は現在、三重県の強豪クラブチーム『055(オーファイブツー)』の一軍でプレイしている。

辻選手は長身を生かし、インサイドもアウトサイドもこなせるプレイヤー。

2008年にデフバスケットボールプレイヤーとして初めて、『天皇杯』(通称:オールジャパン)に出場した経歴を持つ。
また、デフリンピック(2005年 メルボルン、2009年 台北)、デフバスケットボール世界選手権大会(2007年 中国・杭州)にも出場した。

現在、055チームの活動を中心としているが今後の成長に期待したい。


055(オーファイブツー)公式サイト
http://www.team055.com/

日本デフバスケットボール協会公式サイト
http://jdba.sakura.ne.jp/











DAJ: バスケットボールを始めたきっかけを聞かせてください

辻選手: 中学校に入ったときに友人に誘われて始めました。
最初は興味程度だったのがシュートが入る瞬間が楽しくてあっと言う間に夢中になり、日が暮れるまでシュートを打ち続けていたこともありました。
練習は厳しかったけれど、狭いコートを縦横無尽に走り回ることも気持ちがよくて、段々バスケットが 好きになりました。


DAJ: 貴方にとってこのスポーツの魅力を教えてください。

辻選手: コートが狭い分、他のどのスポーツよりもスピーディーで攻守の展開が早いことです。
また、ゴール下は格闘技ともいわれるぐらい、ポジション取りやリバウンド争いなど身体と身体のぶつけ合いが激しいところも魅力の1つだと思います。
シュートだけでなく、ドリブル・アシスト・ディフェンスなど見どころがたくさんあり、NBAなどでは力強いダンクもあるので、観る人をさらに楽しませてくれます。


DAJ: バスケットボールをやっている上で聴力のハンディはありますか?

辻選手: 健常者の場合、試合中はスクリーンやヘルプ、スイッチなどのかけ声がよく飛び交うのですが、自分の場合はそのキャッチボイスができず、健常者に比べて反応が遅れたり、気が付かなかったりすることがあります。
バスケットは瞬時の駆け引きが多く、わずかな遅れが失点やミスにつながることがあるので、できる限り目や首をフル稼働させて全体を見るようにしていますが、それでも見えない所や気付かない場合は味方にフォローして貰っています。

自分がチームに加入してからは手でサインを決めて、自分が試合に出ている時は手のサインも交えてコールしてもらっています。
バスケットはやはりチームワークが大切なので、お互い助け合っていく気持ちがないとチームとして成り立たないと改めて思いました。
プレー自体は聴力の影響はあまり感じていません。


DAJ: 国内のデフバスケットボール選手として初めて天皇杯に出場した経験があるそうですが 、いかがでしたか?

辻選手: 天皇杯は国内最高峰の大会ということもあり、今まで観る側だったのが自分が実際に出場することは夢にも思っていませんでした。

地元の健常者チームの055(オーファイブツー)に加入した時はJBL(日本バスケットボー ルリーグ)や国体に出場したりするなど名の知れた選手(中には205cmの選手も!)が揃っていて、チームとしても非常に勢いに乗っていたときでした。
そんな中で、加入してわずか5ヶ月での天皇杯出場はとてもラッキーだったと思います。

実際に東京体育館のコートに立った時、客席を見上げると正月にも関わらず、観客席がたくさんのお客さんで埋まっていて、いつもと違った感覚ですごく足が震えていたのを覚えています。
相手はインカレにも出ている早稲田大学で、ユニフォームがエンジ色の生地に大きく「W」がプリント されていて、伝統を感じさせました。

試合は1分40秒と短い時間での出場でしたが、ただ無我夢中でプレーするのが精一杯で、その時の内容はあまり覚えていません。
正月にバスケットの試合をするのも初めてで新鮮だったし、貴重な経験をさせていただいた監督やチームメイトのみんなにはとても感謝しています。
あの感覚は今でも忘れられません。

DAJ: 今までの競技人生で忘れられない思い出は?

辻選手: 天皇杯もそうですが、他にもデフバスケットの日本代表活動で、JBLの松下電器(現パナソニック)とゲームをさせていただいたことです。
日本代表でもある青野選手やJBL得点ランキング一位のブース選手とマッチアップして、国内トップレベルのプレーを肌で感じたのがとても良い経験になったと思います。
特に青野選手は身長が210cmあって、ジャンプボールで対峙した時は向こうのリングが見えなくなるぐらいで、まるで山のようでした。
あの経験があったからこそ、高さに対抗するためにフックシュートや合わせのプレイも身に付けて、世界の高さにも怯まずに攻められるようになったと思います。


DAJ: バスケットボールを始めるにあたってご両親や友人はどんな反応がありましたか?

辻選手: 小学校時代はサッカーをしていたので、急にバスケットを始めるということに周囲はびっくりしていましたが、両親からは「やるからには一生懸命やって欲しい」と言われました。
その言葉どおり、頑張って続けてきたからこそ、現在の自分がいるのだと思います。


DAJ: 練習や試合の時はどのようにコミュニケーションをとっているのでしょうか?

辻選手: 健常者とは基本的には口を大きく開けてゆっくり話してもらうようにしていますが、ミーティング時などは隣の人にメモパッドやホワイトボードで書いてもらっています。
話していることが分からない時は自分から聞くように心がけていますが、特にタイムアウトやプレーの合間など時間が限られている中ではどうしても早口になってしまったり、通訳してもらう余裕もなくて、瞬時に100%理解できているわけではないのでそこの部分が難しいです。
チームメイトとはジェスチャーも交えて、普段からもっとコミュニケーションを図っていくことが大事だと思います。
これは健常に限らず、デフバスケも同じことがいえると思います。


DAJ: 最後にこれから自分と同じスポーツをやろうとしている人や子供たちに伝えたいことは?

辻選手: バスケットに限らず、何か1つでも夢中になれるものを見つけて、一生懸命に取り組んでください。
それが競技であれば、勝つことももちろん大切ですが、目標に向かって努力することや周りの人たちと協力し合うことも大切だと思います。
その経験が自分を成長させ、いつか自分の大きな財産となって、将来に活きてくると思います。最後に、楽しむ心と感謝の気持ちをいつまでも持っていて下さい。



























画像提供:JDBA
2008年オールジャパン大会(天皇杯)にて


画像提供:JDBA
2008年オールジャパン大会(天皇杯)にて





 辻 朋大選手(TSUJI TOMOHIRO)
・ニックネーム: ツッチー
・生年月日: 1983年9月1日
・血液型: A型
・趣味: 温泉、スポーツ観戦、通販
・出身地: 三重県四日市市
・最終学歴: 日本福祉大学
・職業: 会社員
・身長: 191cm
・足のサイズ: 30cm
・スポーツ歴: 中学校~現在 バスケット歴16年目
・キャリア: 
   《デフ》
   2005年 メルボルンデフリンピック日本代表
   2007年 広州世界選手権日本代表
   2009年 台北デフリンピック日本代表
 
   《健常》
   2008年 天皇杯出場
   2008年 全日本クラブバスケットボール選手権 準優勝

   《現在のチーム》
   O55(オーファイブツー)三重県鈴鹿市を活動拠点とした健常のクラブチーム 
   ※2011年度より復帰

・スポーツの特技: インサイドプレー、ランニングプレー
・聴力レベル: 左右 100dB
・補聴器装着の有無・形式: 無
・スポーツの時の補聴器装着の有無: 無
・コミュニケーション方法: 手話、口話、筆談
・スポーツ以外にやってみたい事: サッカー、マラソン(いつかはホノルルマラソンに挑戦したいです)
・ラッキーアイテム: キャラクター入りタオル
・愛用品スポーツメーカー: NIKE
・好きな言葉: やればできる、いつものように、素直
・今後の夢: 幸せな家庭を築くこと、バスケットの指導に携わること




| Deaf Athlete | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://deafathletejapan.blog76.fc2.com/tb.php/69-3c2820e6

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。