PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

022 KOHAMA

「世界女王の小浜選手」

小浜選手は1997年デンマーク大会、2001年イタリア大会、2005年メルボルン大会、2009年台北大会の4季連続デフリンピック出場を果たしている。
1997年デンマーク大会では団体戦、個人戦、ダブルス戦で優勝し、2001年イタリア大会でも2季連続女子ダブルス・個人戦ゴールドメダルに輝いている。
小浜選手は北海道出身で、小さい時はバスケットボールをやっていたが当時は補聴器装着でのコンタクトスポーツは禁止されていた為、卓球へ転向する。
小浜選手の実妹の鈴木由樹子選手も一緒に卓球をやっており、台北デフリンピックでは姉妹揃ってダブルス戦銅メダル獲得している。
卓球歴24年目になる小浜選手の国際大会はどれも舞台が海外だったので来年の世界大会は開催国が日本なので「すごい特別な想いがある」という。
「日本の皆さんに世界デフ卓球という舞台を見せたい」という想いで日本代表入りを果たし、日本での世界大会に臨む。
現役選手としてだけではなく全国各地にある特別支援学校、ろう学校へ訪れ、卓球の指導者としての育成活動も活躍している。














画像提供:KOHAMA
2009年デフリンピック台北大会にて
女子ダブルス銅メダル獲得(左は小浜選手の実妹の鈴木選手)


画像提供:KOHAMA
2009年デフリンピック台北大会にて
女子団体銀メダル獲得(左から小浜選手、佐藤選手、鈴木選手、上田選手)




 小浜 京子選手(KOHAMA KYOKO)
・ニックネーム: はまこ、プーチン
・生年月日: 1975・11・10
・出身地: 北海道札幌市
・身長: 167.7cm
・利き手: 右利き
・卓球歴: 24年目
・キャリア: 
1996年度北海道軟式卓球選手権大会優勝
1996年全国軟式卓球選手権大会ダブルス3位入賞
       
※1995年9月~2001年9月までは北海道チームとして出場。
1995年9月 第29回全国ろうあ者体育大会(於:茨城県水戸市)
        女子団体 準優勝
        女子個人 優 勝

1996年3月 第18回全国ろうあ者卓球選手権大会(於:埼玉県大宮市)
        女子個人総合リーグ 優 勝
     9月 第30回全国ろうあ者体育大会(於:大分県大分市)
        女子団体 3位入賞
        女子個人 優 勝
    11月 第19回全国ろうあ者卓球選手権大会(於:愛知県名古屋市)
        女子個人総合リーグ 優 勝

1997年9月 第31回全国ろうあ者体育大会(於:香川県香川市)
        女子個人 優 勝

1998年9月 第32回全国ろうあ者体育大会(於:広島県尾道市)
        女子団体 3位入賞
        女子個人 優 勝
    12月 第21回全国ろうあ者卓球選手権大会(於:千葉県千葉市)
        女子個人総合リーグ 優 勝

1999年9月 第33回全国ろうあ者体育大会(於:福岡県福岡市)
        女子個人 優 勝

2000年3月 第22回全国ろうあ者卓球選手権大会(於:北海道札幌市)
        女子個人総合リーグ 優 勝
     9月 第34回全国ろうあ者体育大会(於:高知県高知市)
        女子団体 3位入賞
        女子個人 準優勝
    12月  第23回全国ろうあ者卓球選手権大会(於:山形県河北郡)
        女子個人総合リーグ 優 勝

2001年9月 第35回全国ろうあ者体育大会(於:和歌山県和歌山市)
        女子団体 準優勝
        女子個人 優 勝

※以下より、大阪チームとして出場しました。
2002年3月 第24回全国ろうあ者卓球選手権大会(於:大阪府吹田市)
        女子個人総合リーグ 優 勝
     9月 第36回全国ろうあ者体育大会(於:宮城県仙台市)
        女子団体 優 勝
        女子個人 優 勝

2003年3月 第25回全国ろうあ者卓球選手権大会(於:神奈川県横浜市)
        女子個人総合リーグ 優 勝
     9月 第37回全国ろうあ者体育大会(於:長野県長野市)
        女子団体 優 勝
        女子個人 優 勝
    11月 第26回全国ろうあ者卓球選手権大会(於:青森県黒石市)
        女子個人総合リーグ 優 勝

2004年9月 第38回全国ろうあ者体育大会(於:岐阜県岐阜市)
        女子団体 優 勝
        女子個人 優 勝

2005年3月 第27回全国ろうあ者卓球選手権大会(於:千葉県習志野市)
        女子個人総合リーグ 優 勝
     9月 第39回全国ろうあ者体育大会(於:長崎県長崎市)
        女子団体 優 勝
        女子個人 優 勝

2006年2月 第28回全国ろうあ者卓球選手権大会(於:愛知県春日井市)
        女子個人総合リーグ 準優勝
     9月 第40回全国ろうあ者体育大会(於:栃木県宇都宮市)
        女子団体 優 勝
        女子個人 優 勝

2007年2月 第29回全国ろうあ者卓球選手権大会(於:埼玉県越谷市)
        女子個人総合リーグ 3位入賞
     9月 第41回全国ろうあ者体育大会(於:岡山県岡山市)
        女子団体 優 勝
        女子個人 3位入賞
    12月 第30回全国ろうあ者卓球選手権大会(於:大阪府大阪市)
        女子個人総合リーグ 3位入賞

2008年9月 第42回全国ろうあ者体育大会(於:大阪府大阪市)
        女子団体 準優勝
        女子個人 5位入賞(ベスト8)
    12月 第31回全国ろうあ者卓球選手権大会(於:千葉県千葉市)
        女子個人総合リーグ 優 勝

【今までの戦績(国際大会)】
1996年3月 アジア太平洋ろう者競技大会(於:マレーシア・クアラルンプール市)
        女子団体     金メダル
        女子シングルス  金メダル
        女子ダブルス   金メダル
        混合ダブルス   金メダル

1997年7月 世界ろう者競技大会(於:デンマーク・コペンハーゲン市)
        女子団体     金メダル
        女子シングルス  金メダル
        女子ダブルス   金メダル
        混合ダブルス   5位入賞

2001年7月 デフリンピック(旧:世界ろう者競技大会)(於:イタリア・ローマ市)
        女子団体     銀メダル
        女子シングルス  金メダル
        女子ダブルス   金メダル
        混合ダブルス   金メダル

2005年1月 デフリンピック(於:オーストラリア・メルボルン市)
        女子団体     銅メダル
        女子シングルス  銀メダル
        女子ダブルス   銀メダル
        混合ダブルス   4位入賞

2008年5月~6月 第1回世界ろう者卓球選手権大会(於:ブルガリア・ソフィア市) 
        女子団体     銀メダル
        女子シングルス  ベスト8
        女子ダブルス   銅メダル
        混合ダブルス   ベスト16

2009年9月 デフリンピック (於:台湾・台北市)
        女子団体     銀メダル
        女子シングルス  ベスト8
        女子ダブルス   銅メダル
        混合ダブルス   ベスト16

・卓球の特技: スピードドライブ、バックハンドスマッシュ
・聴力レベル: 100db以上
・補聴器装着の有無・形式: 有
・卓球の時の補聴器装着の有無: 無
・コミュニケーヨン能力: 聴者(一般の方)とは・・・口話と筆談
             ろう者とは・・・手話
・血液型: O型
・最終学歴: 北海道札幌星園高等学校
・家族: 父母、妹2人
・卓球のきっかけ: 小学5~6年の2年間はバスケットボール部で活躍していたので、中学でもバスケットボール部に入部することを申し出たのですが、学校の先生に「バスケットボールが補聴器に当たると危険なので、学校としては責任を持てませんので・・・」と断られてしまいました。悔しい思いもしましたが、私の父親が高校時代に卓球選手だったので、私も父親のように卓球選手として活躍してみたいなぁと思い、中学1年から入部したのがキッカケです。
・卓球の醍醐味は?: ドライブのラリーが続いたり、めちゃめちゃ良いコースにめちゃめちゃ良いドライブが決まったり、相手のスマッシュやドライブを返球出来たりすると、マジ楽しいです!(^O^)
・卓球以外にやってみたいこと: いっぱいあります(笑)
・卓球をやってなかったら?:バスケットボール選手or水泳選手のどちらかやってたと思います。
・ラッキーアイテム: ありません。
・愛用品スポーツメーカー: アディダス、アシックス
・趣味: 温泉旅行、映画鑑賞、ドライブ(車&バイク)、ジグソーパズル、ブログetc・・・。
・今後の夢: ううん・・・。
・好きな言葉: 努力、笑顔
・座右の銘: 特にこだわりはありません。
・今後の抱負: 自分の体力の限界まで挑戦し続けていきたいです。
・皆さんへのメッセージ:
 卓球は調整力や敏捷性を必要として、勝敗を競うハードなスポーツです。
 現在、活躍しているろう者の選手達に挑戦することの素晴らしさ・諦めない強さ・チームの絆を伝えていきたいです。







| Deaf Athlete | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

023 AOYAMA

「日本卓球王国立役者の青山選手」

青山選手は4季連続デフリンピック日本代表選手というキャリアがある。
1997年デンマーク大会、2001年イタリア大会では日本団体戦のエースとして2回連続優勝に導き、「卓球日本王国」という称号を得た経歴がある。
青森出身で青森ろう学校の部活をきっかけにラケットを握る。
ずっと卓球一筋で31年プレイしてきている数少ない「真のアスリート」の青山選手。
デフ卓球普及活動一環として「チームアオヤマ」をアクションしている。
しかし、青山選手は「世代交代が未だ来ていない」という不安を脳裏に抱きながら今年年度ランキング2位となったのだが、来年日本で開催される世界大会を目前にラケットを置くことにした。
今年年度のランキング大会を区切りに後世に引導を渡し、今後からは日本ろう卓球協会の理事に赴任し、「卓球日本王国復活」に向けて全面バックアップする。
真のアスリートとして23年間、卓球に全てを賭けてきた青山選手の功績を称えたい。















2011年度ランキング大会2位でピリオドを打つ


画像提供:AOYAMA
デフリンピック1997年コペンハーゲン大会にて
男子団体戦金メダル獲得の表彰式の様子(左側が青山選手 右側が梅村選手)

「このコペンハーゲン大会の後、帰国したら改めて4年間、梅村選手と一緒に東京と大阪と北海道にあっちこっち遠征で虜のような猛練習してきた、ようやく団体戦2連覇を達成した事が大きな経験が出来ました。」


画像提供:AOYAMA
デフリンピック2001年ローマ大会にて
男子ダブルス戦金メダル獲得した表彰式の様子(日本チームの前列左側が青山選手 後列左が梅村選手)

「最初の時に団体戦をやって苦戦しながら金メダル獲得した後、翌日男子ダブルス戦でスタミナ切れの為、負けになりそうな近いので梅村選手に負けるな!! 終わるな!!とお互い様、励みあいに最後まで逆転金メダルを獲得が出来た事が一生忘れないです。」




 青山 修(OSAMU AOYAMA)
・ニックネーム : あお
・生年月日: 1969・6・12
・出身地: 青森県
・身長・体重: 165cm・60kg
・足のサイズ: 26cm
・利き手・利き足: 右・右
・卓球歴: 31年
・キャリア: コペンハーゲン・ローマデフリンピック金メダリスト(団体戦・男子ダブルス戦)
       コペンハーゲン・ローマ・メルボルン・台北デフリンピック日本代表(4回連続出場)
・卓球の特技: 三球目攻撃、粘り
・聴力レベル: 100dB以上
・補聴器装着の有無・形式: 有
・補聴器のメーカー: ワイデックス
・卓球の時の補聴器装着の有無: 無
・コミュニケーヨン能力: 手話、筆談
・血液型: B型
・最終学歴: 専門学校
・職業: 会社員
・家族: 5人
・卓球のきっかけ: 先輩に勧めれて卓球部に入り始めました。
・卓球をやって聴力影響は?: 特になし。
・卓球の醍醐味は?: 11本という得点数が難しいので逆転可能があり奇跡も起こる。
・卓球以外にやってみたいこと: 海外旅行
・卓球をやってなかったら?: 理容店自営
・ラッキーアイテム: 天国の神様
・愛用品スポーツメーカー: 卓球に関して(タマス、ニッタク、ヤサカ)
・趣味: ドライブ、温泉、就寝
・宝物: 金メダル、写真、家族
・今後の夢: 若手の育成の取り組みをして世界チャンピオンにならせてあげたい。
・好きな言葉: 自分に厳しく、他人にやさしく
・座右の銘: 為せば成る
・今後の抱負: デフリンピック代表の選手の間に、卓球協会、卓球の仲間から支えてくれたので感謝のお礼として恩返したいと思い、卓球協会の理事に赴任し、これからコーチ、指導者として子供達に夢や希望を与えたいし、いろいろな学校に訪問したいという目標です。
・皆さんへのメッセージ: 卓球愛好者へ・・・猛練習を頑張っていますか?笑!まず卓球が大好きになること。そうなると練習にハマってると時間が忘れてしまうので伸びる可能性が高いので強くなれるはずと思います。大きな目標をもって前向きで頑張ってほしいです。
・PR: 
チームアオヤマのホームページがあります。機会がありましたらご覧ください。
http://team-aoyama.lolipop.jp/



| Deaf Athlete | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

024 SATO

「二人三脚親子の佐藤選手」

2009年台北デフリンピック大会で団体戦銀メダル、個人戦で銅メダルを獲得しているホープの佐藤選手。
現在は東京富士大学卓球部部員として活躍している。
佐藤選手は小さい時から父親と兄が卓球やっていた影響を受け、家族団らん卓球がきっかけとなる。
佐藤選手の父親は名門協和発酵キリン実業団の男子卓球部佐藤真二監督であり、台北デフリンピック大会でも日本代表監督として親子一緒に国際大会を経験している。
佐藤選手は今年年度ランキング1位に認定されつつも、「未だ強い選手が世界中にいるのでもっと内容の濃い練習をし、また体力や集中力をつけないと勝てない。特に中国チームは強敵。」とコメントしている。
「来年の世界大会で金メダル獲得」を目標にしながら親子で臨む。
東京富士大学卓球部の西村卓二監督は福原愛選手を指導したこともあり、佐藤選手の世界頂点に立てる日が来るという可能性は少なくはない。















画像提供:SATO
2009年デフリンピック台北大会にて


画像提供:SATO
2009年デフリンピック台北大会にて 佐藤選手と父親の佐藤監督




 佐藤 理穂選手(RIHO SATO)
・ニックネーム: りほ、りほちゃん
・生年月日: 1990・10・28
・出身地: 東京
・身長・体重: 169cm
・足のサイズ: 24.5cm
・利き手・利き足: どっちも右
・卓球歴: 10~11年
・キャリア: 関東新人戦シングルス ベスト8
       台北デフリンピック
       シングルス 三位
       団体 二位
・聴力レベル: どっちも106dB
・補聴器装着の有無・形式: 有、耳掛式
・補聴器のメーカー: ホナック
・卓球の時の補聴器装着の有無: 有ですが、ろうの試合では無
・コミュニケーヨン能力: 口話と手話
・血液型: A型
・最終学歴: 東京富士大学ビジネス心理学科
・職業: 大学2年生
・家族: 父、母、兄で4人家族
・卓球のきっかけ: 兄が卓球やってて、また父が指導者をやってたから始めました。
・卓球の醍醐味は?: 何歳でもできるスポーツ
・卓球以外にやってみたいこと: いろんなスポーツをやってみたい★日本1周旅行★
ラッキーアイテム: ラッキーカラーは赤★
・愛用品スポーツメーカー: プーマ、ミズノ
・趣味: 買い物したり、おしゃべりすること★
・宝物: 家族、友達★
・今後の夢: デフリンピックで金メダルを獲得すること★
・好きな言葉: 笑顔(^-^)
・座右の銘: ☆笑う門には福来たる☆
・今後の抱負: 何があっても自分らしく笑顔で頑張りたい★またろうの大会だけではなく、健常者の大会でもいいプレーができるように頑張って行きたいです(^^)
・皆さんへのメッセージ:
卓球は老若男女、どんな方でもでき、また健康のためにもなりますし、脳の活性化にも大変いいスポーツだと思います★ですので、体を動かしたいとか思ったら卓球をやってみてください(笑)




| Deaf Athlete | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

025 UMEMURA

「デフリンピック四冠の梅村選手」

梅村選手はデフリンピック1997年デンマーク大会、2001年イタリア大会、2009年台北大会へと3度出場している。
2001年イタリア大会では青山選手と最強タッグを組み団体戦、ダブルス戦、個人戦、混合ダブルス戦ともに優勝しており、パーフェクトを成し遂げている。
梅村選手の実妹の梅村礼選手は名門実業団卓球部に属していて2001年6月に海外のプロツアーで優勝という結果に奮起し、 イタリアデフリンピックの1年前に仕事を辞めて卓球練習環境に専念した経緯からイタリア大会で4つものゴールドメダルを獲得している。
妹の梅村礼選手も2004年オリンピックアテネ大会にも出場しており、兄妹揃って国際舞台で活躍している。
2009年台北デフリンピックでは1つもメダル獲得できなかったのだが梅村選手は「世界のレベルが上がったのではなく、後世選手は卓球に対するハートが足りない。」と敗因を 指摘している。
そして「卓球日本王国復活」に向けて後世の選手を引っ張りながら来年の世界大会(日本開催)へ向けてチャレンジしていく。



















 梅村 正樹(UMEMURA MASAKI)
・ニックネーム: 梅
・生年月日: 1974・4・24
・出身地: 北海道苫小牧市
・身長・体重 : 180cm・75kg
・足のサイズ : 26.5cm
・利き手・利き足: 右利き
・卓球歴: 23年くらい(ブランクあり)
・卓球の特技: バックかな
・聴力レベル: 100dB
・補聴器装着の有無・形式: 耳あな型
・補聴器のメーカー: リオネット
・卓球の時の補聴器装着の有無: 国内大会は補聴器をしている
・血液型: A型
・最終学歴: 高卒
・職業: 会社員 
・家族: 妻、長女、長男
・卓球のきっかけ: 親が僕に自信を持たせるために
・卓球をやって聴力影響は?: あまり影響はないかな
・卓球の醍醐味は?: 奥が深い
・卓球以外にやってみたいこと: K-1
・卓球をやってなかったら?: ボクシング?
・趣味: 昔はマイカーでドライブだったけど、今は映画鑑賞
・宝物: 家族
・今後の夢: 長男が日本一になること
・好きな言葉: 努力
・座右の銘: 常にあきらめずに最後まで信じてやる
・今後の抱負: 世界一奪回
・皆さんへのメッセージ: 
これからの選手生活は短いですけど悔いのないように頑張りますので応援よろしくお願いします




| Deaf Athlete | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

016 ABE

阿部選手は2011ハイタトラスデフリンピック代表選手である。
しかし、デフリンピック開催中止で国際大会での活躍はお預けとなったのだが「デフリンピックに出られなかった悔しさはあるのだけど、デフリンピックに限らず聴者達と渡り合っていきたい。」
「デフリンピックよりも全日本スキー選手権FIS公式大会にエントリー出来たことがデフハープパイプ選手として誇りを持ちたい」と言っている。
3月6日に第17回全日本スキー選手権ハーフパイプ 尾瀬戸倉大会(FIS公式大会)が開催され、バンクーバー五輪代表の山岡聡子選手岡田良菜選手らもエントリーしていた。
阿部選手の結果は予選落ちとなったのだが予選1本目、2本目共に安定した攻めの演技で他ボーダー選手と変わらないコンビネーションを発揮できている。
阿部選手は本格的にハーフパイプを始めて3年と短いのだがウェイクボード8年というキャリアがあり、ウェイクボードで養ってきた身体能力をハーフパイプに生かしている。
「ウェイクボードはスノーボードと共通点がたくさんあり、特に身体のいろんな筋肉を使って瞬発力が鍛えられるのでスノーボードにも繋げられたことでハーフパイプにも自信がつきました。」
デフスノーボードチームの役員も掛け持ちしながらデフスノーボーダーの普及活動にも精を出している。
阿部選手はエクストリームスポーツのフィーチャーフェイスでありながら家庭を持ちたいという夢悟る意外な面もある。


















 阿部 由紀子選手(YUKIKO ABE)
・ニックネーム: あべべ
・生年月日: 1980・10・29
・出身地: 新潟県
・身長・体重 : (女性は身長のみ) 155cm
・足のサイズ: 23.5
・利き手・利き足 : 右
・ハーフパイプ歴: 3年
・ハーフパイプの特技: フロント360
・聴力レベル: 96db
・補聴器装着の有無・形式: 有
・補聴器のメーカー: リオン
・ハーフパイプの時の補聴器装着の有無: 無
・コミュニケーヨン: 手話 
・血液型: O型
・最終学歴: 埼玉リハビリテーションセンター
・職業: フリーター
・家族: 父母兄2人
・ハーフパイプのきっかけ: 聾雪界(デフのキャンプ)
・ハーフパイプをやって聴力影響は?: なし
・ハーフパイプの醍醐味は?: ブランコみたいな感覚がおもしろい
・ハーフパイプ以外にやってみたいこと: ウェイクボードとかマリンスポーツ。もうやってますがなw
・ハーフパイプをやってなかったら?: 聾雪界とかデフのボーダーや今のチームの皆に出会えてなかった
・愛用品スポーツメーカー : YONEXの板
・趣味: スノボ、ウェイクボード、映画鑑賞
・宝物: 家族
・座右の銘: 人生一生懸命生きる
・皆さんへのメッセージ: デフスポーツ協会でのスノーボードのイベントや、聾雪界のキャンプイベントもありますので、一緒にスノーボードを楽しみましょ♪

日本ろう者スキー協会スノーボードハーフパイプチーム
http://ameblo.jp/deafsnowboardteam/page-1.html#main

あべべのアチャラパーな日々
http://ameblo.jp/abebe1029/




| Deaf Athlete | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

017 OKAMOTO

岡本選手は元サーファーであり、現デフスノーボードハーフパイプチームのキャプテン。
「デフにもナショナルチームという位置づけしておかないと長期的にデフハーフパイプの競技力アップに繋がらない。」と言う岡本選手は 競技志向のハーフパイプ選手として先駆けしている。
デフのナショナルチームがデフスノーボートハーフパイプチームとなってプロスノーボーダー稲村敬之監督の下で2015年バンクーバーデフリンピックに向けて始動している。
岡本選手は最終目標を「2015年バンクーバーデフリンピック大会でメダル獲得」としているのだがハーフパイプ競技はテクニックだけではなくメンタルも強くならないといけないと 言っている。
毎年、いくつかの国内ハーフパイプ大会に積極的にエントリー、ハーフパイプ競技に拘らずスノーボードクロス大会にも展開していっている。
それだけではなくチームメイトと一緒に毎年、強化合宿、国内大会にエントリーすることでお互いにテクニックのフォロー、アドバイスを積極的にやっている岡本選手がデフスノーボードチームの士気を高めている。
デフスノーボードハーフパイプ界全体にもスポットライトを当てていきたくチャレンジし続け飛躍していく岡本選手の活躍に期待したい。















 岡本 信彦選手(NOBUHIKO OKAMOTO)
・ニックネーム: ナブコ
・生年月日: 1978・07・28
・出身地: 神奈川県鎌倉市
・身長・体重: 167cm・55kg
・足のサイズ: 25.5cm
・利き手・利き足: 右手・右足
・ハーフパイプ歴: 9か10年目
・キャリア: 
シーズン 日付 Rank 大会名 種目 カテゴリ 獲得P.
2010/2011 2011/04/03 30 15回北海道スキー選手権大会 スノーボード競技スノーボードクロス種目(THE 15th Snowboarding HOKKAIDO Championships) SBX FIS 5.12
2010/2011 2011/04/02 31 スノーボードクロス&スキークロス 2011 ジャパンサーキットニセコ花薗大会(Snowboardcross & Skicross 2011 Japan Circ) SBXFIS 5.04
2010/2011 2011/03/06 24 17回全日本スキー選手権尾瀬戸倉大会・スノーボード競技 種目:アルペン・ハーフパイプ HP FIS 15.40
2010/2011 2010/12/05 25 2011サークルK CUPハーフパイプ選手権大会 HP SAJ A 9.60
2009/2010 2010/03/20 19 スノーボードクロス&スキークロス 2010ジャパンサーキット札幌国際大会 SBX FIS 14.30
2009/2010 2010/03/19 22 スノーボードクロス&スキークロス 2010ジャパンサーキット札幌国際大会   SBX FIS9.90
2009/2010 2010/03/04 40 16回全日本スキー選手権南魚沼大会   SBX NC  
2009/2010 2010/03/02 34 16回全日本スキー選手権南魚沼大会 HP NC  
2009/2010 2010/02/14 27 FISスノーボード2010高井富士カップ HP FIS 8.10
2009/2010 2010/02/13 26 FISスノーボード2010高井富士カップ HP FIS 9.00
2009/2010 2010/01/31 19 14回北海道スキー選手権大会スノーボード競技ハーフパイプ種目 一般 HP FIS 21.60
2009/2010 2010/01/30 17 キスマークプレゼンツ FIS スノーボード ジャパンカップ 2010イン ニセコ花園大会 HP FIS 25.20
2008/2009 2009/03/14 44 15回全日本スキー選手権南魚沼大会 スノーボード競技 一般男子 HP NC 6.228
2008/2009 2009/02/07 32 キスマークプレゼンツ FIS スノーボード ジャパンカップ 2009 イン ニセコ花園 一般男子 HP FIS5.72
2008/2009 2009/02/01 28 FISスノーボード2009高井富士カップ 一般男子 HP FIS 10.40
2008/2009 2009/01/31 22 FISスノーボード2009高井富士カップ 一般男子 HP FIS 23.40

・ハーフパイプの特技: FS360・BSメランコリーグラブ(完成度低い)BSトゥイークグラブ(完成度低い)
・聴力レベル: 右&左:100DB以上
・補聴器装着の有無・形式: 有り(耳掛け)
・補聴器のメーカー: WIDEX(ワイデックス)
・ハーフパイプの時の補聴器装着の有無: 無し(デフリンピックは補聴器装着禁止の為)
・コミュニケーヨン: 手話・筆談・ゆっくり口を大きく話すのもOK
・血液型: O型
・最終学歴: 石神井ろう学校
・職業: 会社員
・家族: 5人(ナブコ以外の4人は健聴者)
・ハーフパイプのきっかけ: 友達からスノーボードが楽しい内容を洗脳されてからスノーボードを始めました。
・ハーフパイプをやって聴力影響は?: まったく聞こえない!
・ハーフパイプの醍醐味は?: フリーラン全般をトレーニング・スピードを慣らす・イメトレもやる。
・ハーフパイプ以外にやってみたいこと: フリースキー
・ハーフパイプをやってなかったら?: なんだろう???
・ラッキーアイテム: 別に無し
・愛用品スポーツメーカー: 板はYONEX・バインディングはFLUX・ブーツはBURTON
・趣味: スロット・ピスト(自転車)・漫画茶店・映画を見る
・宝物: ノートPC・ピスト・携帯など(笑)
・今後の夢 : わかりません。自然の流れで行きます(笑)
・今後の抱負: 2015年デフリンピックに向かって色々トレーニング・練習・イメトレ・大会を頑張って目指したい。
・皆さんへのメッセージ: 楽しいスノーボードすれば問題無し!!後は、上手いスノーボードと一緒に行けば色々教えてくれるはずだよ!!!

日本ろう者スキー協会スノーボードチーム
http://ameblo.jp/deafsnowboardteam/

NPO法人全日本デフスポーツ協会
http://ameblo.jp/deaf-sports/

個人ブログ
http://ameblo.jp/u7mmuucf3-bu0j5rke2x7/




| Deaf Athlete | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

018 TERAI

「相手守備網を引き裂くキラーパスを放つ寺井選手」

寺井選手はJリーグ名門クラブのヤマハジュビロレディスサッカーチームクラブのサテライト女子チームに所属している。
2009年デフリンピック台北大会の日本女子チームのキャプテンも務めた経歴がある。
寺井選手は小さい時はバスケットボールをやっていたのだが有名な漫画キャラクターの「キャプテン翼」に憧れて本格的にサッカーを始めた模様。
サッカー19年目になる。
そして健常者環境でサッカースキル、フィジカルを培いながらデフサッカーのレベル底上げに貢献している。
2009年デフリンピック大会でレベルの差を痛感しているが、1番大事なのは「少しでも1つずつ進歩していくことが大事。」
「特に鋭いキラーパスを出して得点に絡むプレースタイルをモットーにしていきたい」という寺井選手。
寺井選手のプレイがデフサッカーの拡大、そしてサッカーというスポーツを通して健常者とデフの親睦を深めていけることでしょう。













 寺井 名美選手(TERAI NAMI)
・生年月日: 1975・6・7
・出身地: 静岡県
・身長・体重: (女性は身長のみ)身長160cm
・足のサイズ: 24.5
・利き手・利き足: 右
・サッカー歴: 19年
・サッカーの特技: スルーパス、シュート?  
・聴力レベル: 約100
・補聴器装着の有無・形式: 無 
・補聴器のメーカー: リオン
・サッカーの時の補聴器装着の有無:  無
・コミュニケーヨン: 口話、手話
・血液型: A
・最終学歴: 高卒
・職業: 会社員
・家族: 4人 
・サッカーのきっかけ: 『キャプテン翼』
・サッカーをやって聴力影響は?: 気にしてません。
・サッカーの醍醐味は?: チームが1つになったときかな。
・サッカー以外にやってみたいこと: いろんなスポーツにチャレンジしてみたい。
・サッカーをやってなかったら?: 他スポーツやってたかも。
・愛用品スポーツメーカー: アシックス、プーマ 
・趣味: スポーツ観戦、グルメ、旅行…。
・宝物: 友人、仲間 
・今後の夢: サッカーコーチ 
・好きな言葉: 以心伝心
・今後の抱負: 体力維持できるようにする。 
・皆さんへのメッセージ: 1人でも多くの人たちにも『ろう者と健聴者の架け橋』広めたいです。『アイコンタクト』映画も是非とも観に来て頂きたいです!!




| Deaf Athlete | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

019 IGASAKI

「攻撃的サッカー:DFとの駆け引きをしながら積極的にゴールに向かうFW伊賀崎選手」

小学1年に兄の影響でサッカーを始める。
憧れの選手は、現在名古屋グランパスエイトの監督としてチームを牽引し続けるドラガン・ストイコビッチ。
そんな偉大な選手に近づけるべく、持ち前の高い技術を生かした攻撃力で相手との駆け引きをしながらゴールに突進するのが伊賀崎選手のスタイルであり、一番の強みでもある。

今後は、サッカーだけに限らず、夢である世界一周を旅しながら各国で起こりうるすべてを目で見て肌で感じ取りたい。
そして、台北デフリンピックという夢舞台に連れてくれた恩返しとして、デフリンピックの知名度をあげるべく、世界中のみなさんにメッセージを発信し続けたい。
自分にできることから始めていき、最終的にオリンピックの知名度に近づけると信じて。

大きな夢に挑戦し続ける伊賀崎選手。














 伊賀崎 俊選手(SHUN IGASAKI)
・ニックネーム: igashun (いがしゅん)
・生年月日: 1981・06・12
・出身地: 京都府
・身長・体重: 180cm/67kg
・足のサイズ: 27.0cm
・利き手・利き足: 右手/右足
・サッカー歴: 24年
・キャリア: 台北デフリンピック日本代表
・サッカーの特技: 飛び出し(DFとの駆け引き)/ドリブル
・聴力レベル: 97db
・補聴器装着の有無・形式: 有
・補聴器のメーカー: oticon
・サッカーの時の補聴器装着の有無: 無
・コミュニケーヨン: 基本的に口話でコミュニケーションしています。デフ仲間と話すときは、手話でコミュニケーションしています。
・血液型: B型
・最終学歴: 日本大学
・職業: (株)ソニー・コンピュータエンタテインメント
・家族: 5人家族(父親/母親/兄/弟)
・サッカーのきっかけ: 兄の影響でサッカーを始めました。
・サッカーをやって聴力影響は?: デフサッカー界に入る前までは補聴器を着用してプレーするのが自分の中では当たり前でした。試合中に審判が吹く笛の音は聞こえませんでしたが、トップスピードで走るときの風を切る音がとても気に入っています。
デフサッカー界に入り、競技ルールにより、補聴器を外さなければならず、音のない世界に最初は抵抗がありましたが、次第に慣れてきて補聴器なしでプレーできるようになりました。
・サッカーの醍醐味は?: 11人みんなが勝利のために、チームのために犠牲を払いつつ、自分のプレーを全力で出し切るところに魅力があります。
・サッカー以外にやってみたいこと: 世界一周の旅
・サッカーをやってなかったら?: 今の自分はなかったと思います。
・ラッキーアイテム: ブリッツェン(SUBARU)
・愛用品スポーツメーカー: アディダス
・趣味: 旅行/サーフィン/スキューバダイビング/スノーボード/将棋
・宝物: 世界で一番最初に消えてしまうと言われているツバルに一人旅して得た自信と想い出
・今後の夢: 世界一周を旅しながら、その国の現状を日本、そして世界のみんなに伝えたい。一生旅人であり続けたい。
・好きな言葉: 夢は叶うためにあるもの。
・座右の銘: チャレンジ/己に克つ
・今後の抱負: 今まで経験してきたことを子ども達に夢や希望、勇気を与えられるよう、人間として高めていきたい。
・皆さんへのメッセージ夢は叶うためにあるので、どんなに辛くても最後まで諦めずに努力を続けてください。
僕も自分の夢に向かって突き進むので、みなさんも夢を本気で追いかけてくださいね。
夢追う人を僕は一生懸命応援します。

僕のホームページがありますので、お時間のあるときに遊びにきてください。 
http://igashun.net/

25歳のとき、人生初の海外一人旅として、世界で一番最初に消えてしまうと言われている島国、ツバルに行きました。
みなさんはツバルという島国をご存知でしょうか?
ツバルはみなさんが想像している以上に素晴らしいことがたくさんありました。
ツバルに一人旅して感じたことを本にしましたので、是非購入して読んでください。
その本を通じて、みなさんに夢や希望、勇気を与えることができたらこれ以上嬉しいことはないと思います。

今後とも伊賀崎俊を応援よろしくお願いします。

ありがとうございました。




| Deaf Athlete | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

020 NAKASONE

「電光石火ドリブルを武器にゴールまで突っ走る仲宗根選手」

仲宗根選手はろう学校育ちであったため、当時の団体スポーツ部活はバレーボール部しかなくずっとバレーボール一筋であった。
そして2004年デフリンピックメルボン大会でバレーボールの女子代表チームに選ばれた経歴もある。
本格的にサッカーに転向したきっかけは地元のJリーグのベルマーレ平塚に属していた中田英寿選手のプレースタイルに憧れたことが始まり。
仲宗根選手は一筋だったバレーボールを捨てて鍛えてきた体力を生かしてデフサッカー選手として4年目になる。
2009年デフリンピック台北大会でも日本女子サッカー代表までに選ばれており、今後もデフサッカーを続けていく模様。
「自分の特技はスピード。しかし、デフリンピック大会でレベルの差を実感し、更なるスピードと切れ味のあるドリブル突破力を。」と心機一転し、2年後のデフリンピックアテネ大会を目指す。











 

 仲宗根 祥子選手(NAKASONE SHOKO)
・ニックネーム: チワワ
・生年月日: 1983・04・13
・出身地: 神奈川県
・身長: 150cm
・足のサイズ: 23cm
・利き手: 右
・利き足: 右
・サッカー歴: 5年
・キャリア: 2005年バレーボール日本代表(メルボルン) 銀メダル
       2009年女子サッカー日本代表(台北) 6位
・サッカーの特技: スピード、サイドパス
・聴力レベル: 感音性難聴 両耳120dB
・補聴器装着の有無: 有
・補聴器のメーカー: リオンネット
・サッカーの時の補聴器装着の有無: 無
・コミュニケーション能力: 手話、筆談
・血液型: A型
・最終学歴: 神奈川県立平塚ろう学校高等部専攻科
・職業: 事務
・家族: 父、母、兄
・サッカーのきっかけ: 小学生の時に先輩に誘われたサッカー遊びです。
・サッカーをやって聴力影響は?: 歓声かな?09年デフリンピックで5・6位決定戦、デンマーク戦の時に歓声が凄かったとはっきり覚えている
・サッカーの醍醐味は?: シュート(チャンスがあればボレーシュート!)
・サッカー以外にやってみたいこと: トライアスロン
・サッカーをやってなかったら?: 理容師とバレーボールだったかも?
・ラッキーアイテム: パワーバランス
・愛用品スポーツメーカー: ミズノ、アンブロ、アスレタ
・趣味: サッカー、フットサル、一眼レフを撮ること
・宝物: メダル取得したもの、ユニフォーム
・今後の夢: デフリンピックに金メダルを取りたいです
・好きな言葉: 一心不乱
・座右の銘: やればできる
・今後の抱負: サッカーの楽しさを皆さんに伝えて行きたいです。
・皆さんへのメッセージ: デフサッカー日本代表に応援を宜しくお願い致します。
・PR http://ameblo.jp/sho16/




| Deaf Athlete | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

021 NAKAJIMA

「鋭い出足で得点に結びつくクール司令塔、中島選手」

中島選手は日本で初めてのプロサッカーリーグ「Jリーグ」がスタートした頃、友人のきっかけでサッカーに対する興味を持ち始めた。
判断の速さ,戦術理解能力でチームの能力にあわせて攻撃を組み立て、指示を出す司令塔、中島選手。
何があっても常に冷静な判断に心掛けてプレーしている。
スポーツとしても人生としても目標をハイレベルに設定した上で頑張ったり、苦労したことが人生の糧になる。
今のデフ日本代表チームは世界中で下位ランクなのでレベルアップするためには皆を引っ張りながら、厳しくやっていきたい。とコメントしている。













 中島 正行選手(NAKAJIMA MASAYUKI)
・ニックネーム: ナカジ、潜水艦
・生年月日: 1982・06・21
・出身地: 東京都
・身長・体重: 172 / 70
・足のサイズ: 26cm
・利き手・利き足: 右/右
・サッカー歴: 15年
・キャリア: 【サッカー日本代表】
       2007年アジアカップ(inタイ)→3位
       2008年デフリンピックアジア太平洋地区予選(inタイ)→5位
       2008年デフリンピックプレ大会(in台湾)→準優勝
       2009年デフリンピック(in台湾)→12位
       【フットサル日本代表】
       2010年アジア太平洋地区予選(inシンガポール)→5位
・サッカーの特技: シュート、DFの裏への飛び出し
・聴力レベル: 100db
・補聴器装着の有無・形式: 無
・補聴器のメーカー: 無
・サッカーの時の補聴器装着の有無: 無
・コミュニケーション能力: 手話
・血液型: O型 
・最終学歴: 順天堂大学(中退)
・職業: 会社員
・家族: 4人
・サッカーのきっかけ: 友人の影響
・サッカーをやって聴力影響は?: 特になし
・サッカーの醍醐味は?: ゴールを決めた時、いつ何が起きるかわからないところ
・サッカー以外にやってみたいこと: CIA
・サッカーをやってなかったら?: バスケ選手
・ラッキーアイテム: iPhone、menturm(リップクリーム)
・愛用品スポーツメーカー: 特にこだわりなし
・趣味: 旅行、映画鑑賞、ショッピング
・宝物: 「今」という時間(お金で買うことができないもの)
・今後の夢: 日本をろう者サッカー世界No.1に導くこと
・座右の銘: 「継続は力なり」、「臥薪嘗胆(がしんしょうたん)」
・今後の抱負: 選手として人間としてもっともっと大きくなりたい
・皆さんへのメッセージ: どんなに努力しても必ずしも夢を実現するとは限らない。だが、可能性は誰にでもある。
その可能性を信じて努力することが、活力の源になります。
是非皆さんも一緒に「今」という時間を大切に過ごして、ろう者スポーツ界を盛り上げていきましょう!
 
TDFC(東京都ろう者サッカークラブ)ブログ
http://blog.ap.teacup.com/tdfc

日本ろう者サッカー協会
http://jdfa.web5.jp/




| Deaf Athlete | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。